石井 ゆかり 2020。 石井ゆかり12星座別2020年4月の月間占い

石井ゆかりの年間占い決定版 「星栞 2020年の星占い」1年通して毎日楽しめる、占い盛りだくさんの12星座別文庫本 :: 幻冬舎コミックス

石井 ゆかり 2020

今年もついに出たっ!もはや神すぎる人気の占星術ライター、石井ゆかりさんが手がけるベストセラー手帳「」!!! 双子座はとても嬉しいことがありそう。 2020年1月 *コミュニケーションからチャンスが繫がる。 引っ越しや本のリリース、病気、歯の治療など、自分にとって「これはちょっと大きなイベントだったな」と思えることを、箇条書きにメモしてあるのです。 ここから2020年にかけて、今度はここまでに集めてきた有形無形の「力」を、外の世界に向けて発信していく時間に入ります。 *生活の中に喜びを増やす。 ただ、3月半ばまでは、 全体に勢いは強いのですが、 細部が甘くなりがちなところもあります。

次の

石井ゆかり12星座別2020年6月の月間占い…山羊座は、人から多くを学べるとき

石井 ゆかり 2020

水星逆行中だから仕事でミスったんだ!とか、 月が蟹座だったから家に引きこもりたくなってたのかも! みたいな、 このウィークリーページに一言日記をつづっていくことで、自分の気持ちと行動と星の動きをリンクさせて観察できると思うんです。 では、木星と土星の重なりはどう考えられるでしょうか。 好きなことをやっているはずなのに、なぜか強いプレッシャーやストレスを感じるかもしれません。 あるいは、人のテンポに巻き込まれて、 ちょっとリズムが狂うような気配もあります。 年明けからこの方、社会的にはむしろ「扉を閉ざす」動きが強まっており、みんなで一緒に会うことや、あちこち動き回ることが妨げられてきたわけですが、そのことによってむしろ「みんなで話し合う」「つながりを保つ」ことの重要性や価値を、多くの人が再確認したのではないかと思うのです。

次の

石井ゆかり12星座別2020年6月の月間占い…山羊座は、人から多くを学べるとき

石井 ゆかり 2020

月の後半は、「誰と活動していくか」「誰と強い関係を結ぶか」というテーマに光が当たります。 2017年の終わり頃から、他者に対して緊張感が強くなったり、人との距離が広がるのを感じてきたでしょうか。 堅くドアが閉ざされたホテルのイラスト。 キラキラしたトキメキの恋愛! というよりは、 おこたを囲んでミカンを向いているような、 ほっこりと温かな「居場所」に、 愛を育てたい年となるはずなのです。 「やりたいこと」と「やるべきこと」の調整に苦労しそうです。 「活動宮(カーディナル・サイン)」は、自ら何かを始めようとする世界です。 そもそも、スタートというものは、そういうものなのではないでしょうか。

次の

【無料占い】獅子座の2020年を、石井ゆかりが占います

石井 ゆかり 2020

2020年という年について、すでにたくさんの方々の記事やコメントが、各所で紹介されています。 星ダイアリーの総合版と恋愛版の違い、それは 12星座別の年間占いの内容。 今まで責められていた人が、 これからは責められなくなります。 「どうすればいいか解る」安心。 専門分野の拡大や実力の強化を目的として、かなり的を絞ったアクションを起こせそうです。 1月から2月半ばは、新しいアイデアをどんどん出して行ける、とてもクリエイティブな時間です。

次の

石井ゆかりの星占い、2020年版より文庫(12星座別)で発売決定!

石井 ゆかり 2020

臨機応変に対応を。 この件は他の場所でも多くの方が書いていらっしゃるので、ここでは割愛します。 かわって、とても明るく楽しい、広やかな時間が到来します。 自分自身の行動方針を固めることで、迷いが吹っ切れたり、アクションを起こしやすくなったりするようです。 山羊座 2020年の「主役」。 一つは 「たくさん話すこと・言葉にすること」。

次の

石井ゆかり 公式ブログ

石井 ゆかり 2020

特に結婚を望んでいる人、パートナーを探している人には、ある意味「正式な」オファーがもたらされる気配があります。 家庭内でも、 たった2人の恋人同士のあいだでも起こることです。 1,2年先の活動のために、 ここでしっかり仕込みをし、 段取りをしていくことになるのかもしれません。 2020年1月 *年明けと同時に、動き出せる。 また、「勝負」に有力な助っ人が現れる気配も。

次の

2020年を“怖い”と感じる人へ…石井ゆかりの助言とは?

石井 ゆかり 2020

過去1年の中で貴方の生活を本質的に満たしてくれるような経済活動のサイクルを構築できた、という人も多いはずです。 …… 蠍座の4月の占い 「居場所・身近な世界」にスポットライトが当たっています。 この「日記」は、毎日のことを細ごま書くのではなく、目立った出来事やイベントがあったら、それをメモしておく、という程度の方が、星を読むには役に立ちます。 あるいは、 「自分は何者なのか」 という謎が、 新しい世界に踏み出すきっかけとなることもあります。 「やりたいこと」を心から楽しめる時期です。

次の

石井ゆかりの年間占い決定版 「星栞 2020年の星占い」1年通して毎日楽しめる、占い盛りだくさんの12星座別文庫本 :: 幻冬舎コミックス

石井 ゆかり 2020

仲間が増えたり、 友だちと過ごす時間が増えたりするでしょう。 あるいは、ここまでに資金を集めて、ここから冒険に出て行く、という展開になる人もいるでしょう。 。 その理由をとの違いを解説しつつお伝えしていきますねー。 未来のヴィジョンを周囲と共有するため、熱い議論を闘わせる場面も。 天秤座は誰かと会う約束ができるかも。

次の