トラファルガー ロー pixiv。 #15 第十四話

#15 第十四話

トラファルガー ロー pixiv

前世の時はもうそれはそれは強かったので、こっちの世界でもハイスペックだろうと思う。 ジャンバールの人生は、その繰り返しで終わるはずだった。 感謝する。 おれ自分の部屋で手足伸ばして大の字で寝てみたい」 全体の大きさにはさほど変化がないように見える船を見上げ、ウニが残念そうにぼやく。 「ジャンバール!?」 砂浜で敵の侵入を阻んでいたハートのクルー達が、驚いた声を上げる。 次にこの世界には海賊がいない。

次の

#トラファルガー・ロー #クロスオーバー 死んだら事件が一日一回起こる世界に転生したんだが。

トラファルガー ロー pixiv

よろしく」と自己紹介してきたキャスケット帽の青年が、ジャンバールの背を押して乗船を促す。 それでも、ローに促されるまま、ジャンバールはぎくしゃくと甲板に足を踏み入れた。 彼は頭はとてもいいけれど、天然なところがあるからいつもルフィにふりまわされるのね。 どういうことだ。 すると、なんだか見覚えがある姿を見つけた。 麦わら屋もこの探偵団に入ったらしい。 麦わら帽子を首にかけ、夢中になって肉を食べている、黒髪の少年。

次の

#トラファルガー・ロー #クロスオーバー 死んだら事件が一日一回起こる世界に転生したんだが。2

トラファルガー ロー pixiv

俺、トラファルガー・ローは、前世で海賊をしていたのだが、ある日寿命で死んでしまった。 帽子をはずした彼はいつもより幼く見えるのに、それに加えて首をかしげて上目遣いだなんて。 「豪快チェンジ!」 「マァァジィィィレンジャー!」 マジレッド ゴーカイRR に変身完了してマジスティックを取り出し呪文を唱える。 とりあえず出航するぞ」 手短すぎるローの説明に、留守番のクルーは「アイアイ」と威勢のいい返事を残し、船へと入っていく。 時間が経ちすると、出来た品を皿に置いて纏めてテーブルに置いた。 それは敵も同じようで、突然現れた大男に、激しい動揺が広がる。

次の

#トラファルガー・ロー #一味とローさんの絡みに萌え禿げた トラファルガー・ローは

トラファルガー ロー pixiv

そしたらトラ男くんがやってきて、高いところにできたみかんと、私の落胆した表情を見て悟ったのか、その届かないみかんをとってくれたわ。 狭い船の中に、今日出会ったばかりの、素性の知れない男。 「このまま一気に攻め込め!トラファルガーが出てこない今がチャンスだぞ!!」 威勢のいい掛け声と共に、敵の本陣が島に上陸してくる。 なんかこの場で一番鋭い目をしているんだが。 今度こそ守る。

次の

#15 第十四話

トラファルガー ロー pixiv

そのまま席の案内をされる。 」 「ああ……わかった。 ロー君は?」 世良真純。 前世では因縁を果たすためにこのピンクのフラミンゴを殺したのだが、神様の悪戯か、 もしくはドフラミンゴ自身の悪戯か、こいつが何故か俺の親代わりなのである。 「だけど、おれ達は自由なんだ。 口角が上がる。

次の

[B!] #トラファルガー・ロー 「26」(ロー誕漫画)

トラファルガー ロー pixiv

しかし、トラファルガーローはすでに自分の海賊団を持っているため、簡単にそれらを捨てて麦わらの一味になるとは考えにくい。 「魚か。 「サンキュー」 ウニは特に気にした様子もなく、手早くジャンバールの怪我の具合を確認していく。 一応、筋トレはしている」 「そのほっそい腕で何をいってんだか」 「筋トレは一応、だ。 少々違和感があるのはクラス全員一緒だろう。

次の