産前 産後 年金 免除。 国民年金保険料 免除・納付猶予・学生納付特例・産前産後期間の免除について

産前産後の国民年金免除「国民年金被保険者関係届書」の書き方を解説

産前 産後 年金 免除

産前産後期間の国民年金保険料を免除してもらっても、付加保険料を支払うことは可能です。 「免除」の意味 この「免除」という言い方が少しややこしいですが、「法定免除」や「申請免除」とは違って全額納付期間として扱われます。 令和元年11月に出産予定ですが、何月分の保険料から産前産後の保険料免除が適用されるのでしょうか? 対象者 国民年金保険料の産前産後の免除制度の対象者は、「国民年金第1号被保険者」で出産日が2019年2月1日以降の妊婦さんです。 制度がスタートした日 2019年(平成31年)4月1日です。 届出期間 出産予定日の6か月前から届出を受け付けます。

次の

産前産後の国民年金保険料が免除になる制度を分かりやすくまとめてみた!|ワーママエクスプレス

産前 産後 年金 免除

両制度の共通点は、 産前産後のほぼ同じ期間について保険料の納付が免除され、なおかつ保険料を納めなくても、 将来の年金額が全く目減りしないことにあります。 国民年金の産前産後免除の場合には、単胎妊娠では出産予定月の前月から 出産予定月の翌々月までの保険料が免除になります。 ポイントは次のとおりです。 単胎妊娠(1人の子どもを妊娠すること)で2019年7月に出産をした場合、出産が属する月の前月、すなわち6月から4ヵ月間(6月・7月・8月・9月)の国民年金保険料が免除されます。 1 使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあつては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。

次の

育児休業期間の国民年金保険料の支払いは免除される?

産前 産後 年金 免除

) 届出方法 世田谷区役所国民年金係または世田谷年金事務所の窓口で届出できます。 終了月:9月• 年金事務所 直接お問合わせください。 産前に届け出れば「予定日」が、産後に届け出れば「出産日」が基準になります。 育児休業期間中の厚生年金保険料の免除について 産休期間中だけでなく、育児休業期間中についても社会保険料(厚生年金と健康保険の保険料)が免除されます。 なので、何の心配もすることなく免除申請をしてください。 4月30日から休業開始 4月分から免除される 8月3日で休業終了 7月分まで免除される ポイント 産休終了日が月の末日だった場合、終了月まで免除される 免除されるのは良いけど、将来の年金額が少なくなるのでは? 免除期間中は保険料を払う必要がなくなりますが、払っていない期間中があるということは将来の年金額が減ってしまうのでは?と心配される方もいます。 ですので、産前産後の保険料が免除されるということは、どこかで補填されなくてはなりません。

次の

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

産前 産後 年金 免除

届出先は市町村になります。 したがって、産休中の社会保険料が免除される期間も月単位で決まり、実際の産休期間と完全に一致するわけではありません。 妊娠中に国民年金保険料が免除になる条件は? 次に、国民年金保険料が妊娠によって免除になる条件についてご紹介しますね。 申請の要否 要 否(働かせてはならない義務が使用者に課されている。 個人番号を記入した場合は、マイナンバーを確認するため、「個人番号カード」を提示する必要があります。 母子健康手帳• タイトルの「育児休業期間の国民年金保険料の支払いは免除される?」に対する答えは、 「育児休業期間の国民年金保険料の支払いは免除されないが、産前産後期間の保険料は免除される」です。 申請時点の2年1か月前の未納月分まで申請できます。

次の

産前産後の国民年金保険料免除

産前 産後 年金 免除

年金の種類が変更になった場合 届出後、「第2号被保険者(厚生年金加入者)」または「第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)」になった場合、お手続きは不要です。 国民年金の手続きですが、申請先が 年金事務所ではないことに注意してください。 産前でも産後でも可能で、産前の場合は出産予定日の6か月前からできますので、余裕のあるうちに、早めにしてしまうほうが賢明ですよ。 出産後に申請する場合、すでに支払った国民年金保険料があれば、還付の手続きを行うことで産前産後期間の支払済み保険料が還付されます。 休業前は、女性自身(被保険者)と勤務先(事業主)が半分ずつ社会保険料を負担していますが、制度を利用することでいずれの負担分も免除されます。 出産予定日の6カ月前になる令和元年5月以降に届け出を提出いただき、出産日を基準として産前産後免除期間が決定されます。

次の

産休期間中、育児休業期間中の厚生年金保険料の免除について

産前 産後 年金 免除

双子や三つ子(多胎妊娠)の場合は最大6ヶ月に 上記の最大4ヶ月は赤ちゃんが1人の場合ですが、 双子などの多胎妊娠の場合最大6ヶ月になります。 また、産前の提出であっても、保険料をまとめて前納している人もいるでしょう。 顔写真付きの身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証・介護保険証・口座通帳・キャッシュカード・印鑑登録証明書など2点以上必要です。 また、2月・3月に出産した方も最大4ヶ月の免除ではなく、施策が決行される4月以降の保険料が免除になるので、産後のみ対象期間であり、産前は対象外です。 (追納) 追納できる期間は過去10年以内です。

次の

国民年金法 産前産後の保険料免除

産前 産後 年金 免除

多胎妊娠の場合は、4月・5月・6月・7月・8月・9月の6か月分が免除期間となります。 10年以内に免除や納付猶予期間の保険料を追納することで、受給年金額を増やすことができます。 国民年金の産前産後期間の保険料免除制度とは 国民年金の産前産後期間の保険料免除制度とは、 次世代を担う子供の育成支援のために、国民年金の第1号被保険者について、産前産後期間の保険料が免除される制度です。 この記事では、産前産後期間の免除制度の概要や適用期間、届出方法についてご紹介させていただきます。 日本年金機構ウェブサイト:. 青色の年金手帳• ただし、3年度目以降は保険料に政令で定める額を加算した額となります。

次の