妻 の トリセツ 講談社。 『妻のトリセツ』大ヒットという危機感 ジェンダーロールとインチキ脳科学の結びつき

『妻のトリセツ』大ヒットという危機感 ジェンダーロールとインチキ脳科学の結びつき

妻 の トリセツ 講談社

何万光年のかなたの、知らない星の子どもの命を救いに、命がけで出かけちゃうんだ、この夫は。 対象は、今の夫と一生添い遂げる決意をした妻がメインとのことですが、老若男女、未婚既婚再婚離別死別を問わず、万人に役に立ち、かつ思わずクスッと苦笑いしてしまう内容だと思います。 その為のヒントが沢山有るので、自分に適したモノを実行したら良いと思います。 記者が黒川氏に主張の根拠を尋ねると、「『脳梁の20%』は、校正ミスで数値は入れない予定だった」とし、そのほかは「『なるほど、そう見えるのか』と思うのみで、特に述べることがありません」と回答があった。 放っておいて。 男性脳なら「危ない靴を履かない」で終わってしまうでしょうが、他人の体験談を聞いて脳にストックしておき、将来自分の身に近いことが起きたら瞬時に応用できるのが女性脳。

次の

elpisoazul.upnvirtual.edu.mx: 妻のトリセツ (講談社+α新書) eBook: 黒川伊保子, 黒川伊保子: Kindleストア

妻 の トリセツ 講談社

奈良女子大学理学部物理学科卒業。 この本は全男性が読んだほうが良いかもしれません。 日本神経科学学会の研究倫理指針も、神経神話が脳科学への信頼を失わせる危険があるとしている。 ウルトラマンである。 一人ひとりがイキイキと充実した人生を 実現するための設計図を共に創る エクセレントライフ・スペシャルクリエイター マザーズコーチ・ジャパン代表理事の 佐々木のり子です。 投稿者: uruuduki - つい、以前に読んだ交渉術の本を思い出してしまった。

次の

『夫のトリセツ』(黒川 伊保子):講談社+α新書|講談社BOOK倶楽部

妻 の トリセツ 講談社

ほらね、愛は、してくれることよりも、してあげることで強まるのである。 専門家にそう解説されると、"オチのない話"が無駄に思えなくなってくるから不思議なものです。 奈良女子大学理学部物理学科卒業。 また、妻は優しい人間なのですが「皆には優しいのに俺には突っ掛かるよね」と言った事が有りましたが、「そりゃ捌け口は貴方しか居ないからね」と言われて不服でしたが、これも腑に落ちました。 」である。 「次はぜひ夫編を」 読者の熱い声に応えてついに登場。 (中略) 共感は女性脳にとって知的行為の核でもある。

次の

『まんがでわかる 妻のトリセツ』(黒川 伊保子,井上 菜摘,堀田 純司)|講談社BOOK倶楽部

妻 の トリセツ 講談社

著・編:黒川 伊保子• 「男は子孫を残すために多くのメスと交わるのが本能であり、浮気は男性脳に備わる機能だからしょうがない」と書いた本を読んで納得して夫の浮気を許す女性がいるとでも思うのだろうか? そもそも帯にかいてあるような男性が期待する「理不尽な妻との上手な付き合い方」といえるようなノウハウは何一つ載っていない。 コンピュータメーカーでAI 人工知能 開発に携わり、脳とことばの研究を始める。 今度は脳科学から男脳を解明。 個人差はあるので、100%理解できるとは言えないけれど、「女性の怒り」については80~90%くらい把握できるようになるのではないかと思います。 私はあなたの何倍も家事してますけどね。 きみのおかげで、僕はまた戦えるよ』 そんなふうに心を通わすことができれば、妻にとって、夫はかけがえのないものになっていく。

次の

妻のトリセツが説く脳の性差 東大准教授は「根拠薄い」

妻 の トリセツ 講談社

ところで、家では私から申し出て妻がやりたがらない水回りの清掃を中心に家事をやっていますが、妻のテリトリー 散らかっている に少しでも触ると激怒する理由がこの本を読んで解りました。 猫がかわいいのは、手がかかるからだ」 「妻のトリセツ」が面白かったのでこちらが出た時は「そうそうそれそれ」と読むのを楽しみにしていました。 この本は 女性に対して男性はどのように接するのが正解なのかを脳科学の立場から、男性にわかりやすく解説しています。 ご飯がなければ、冷凍うどんと卵で釡玉うどんでも作る。 それはまず、妻をどう扱って良いかわからない夫が何十万~百万人といることを示唆しています。

次の

「妻のトリセツ」既刊・関連作品一覧|講談社BOOK倶楽部

妻 の トリセツ 講談社

【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 辛い記憶「ネガティブトリガー」を作らないー妻に嫌な思いをさせる発言と行動を知っておこう(何十年分もの類似記憶を一気に展開する女性脳/人生最大のネガティブトリガーを作り出す周産期・授乳期/話し合いはビジネスプレゼンのメソッドで/妻をえこひいきすると、実家ストレスが解消する/「名もなき家事」がふたりを分かつ ほか)/第2章 ポジティブトリガーの作り方ー笑顔の妻が戻ってくる、意外に簡単な方法(ネガティブをポジティブに変える脳科学的テクニック/普通の日だからこそ効果絶大な、言葉と行動/いくつになっても愛の言葉が欲しい女性脳/それでも別れないほうがいい理由) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 黒川伊保子(クロカワイホコ) 1959年、長野県生まれ。 ともあれ、わたし自身、女性なので、納得できることが大部分ではあるのだが、男性脳の部分も結構あることがわかって興味深かった。 解説ページも充実。 これが男性脳が「大切にしている」証なのだ。 思いやり合って共存していく方法を 早く知ったほうがいいのです。 では、大ヒットした本の詳細をみていきましょう。 雅樹と章、性格は違うが大学時代からの気の合う友人だ。

次の