外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv。 #世界樹の迷宮 きみときみのあいするひとをたいせつに

外の世界は危険でいっぱい!! ~男が衰退し、今や貴重なオトコノコ達に迫るケダモノたちの欲望~ 【白峰輝編】(モーションコミック版) [survive]

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

こうなった原因はサクヤの祖国にあるのだ。 大変遅くなりましたが、0話〜に簡単な目次をつけました。 その小さかったり細かったり、はたまた広かったりする背中は、どうしようもないくらい頼もしかった。 私はこの男の前で何も見せていない。 だから……殺しにきたんだ。 しかし、皇子は地面の割れ目に吸い込まれるように落ちてしまった。 ギアッチョのホワイト・アルバムがあれば。

次の

#咲マリ #魔理沙男性化 誕生日

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

おそらくは何も知らずに吹き飛ばしたのだろうが、知っていても別の方法を取ったかどうかは怪しい。 いくら稼ぎに制限がない冒険者でも、ここまで落ちぶれてはどうしようもない。 」 「じゃあどういうことなの?」 「ナノカ一人じゃ行かせてもらえないなら、僕もついて行こうと思ったんだ。 迷宮とは思えないほど、昔の都市の繁栄を思い起こさせるほど、明るかった。 」 さっきよりも急ぎ足になった2人は、薄明るく静かな迷宮の奥を目指す。 それどころか俺の方を向いてすらいないのだ。

次の

#咲マリ #魔理沙男性化 誕生日

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

エイゴは傷ついて今にも倒れそうなクロムに駆け寄る。 超常な力を遺憾なく発揮する相手は人を探している、私だ。 「…ナノカ?」マリアが疑問符を浮かべる。 元からこの男は仲間がいる様子もなく、ひとりだ。 その日暮らしだった時は国を恨んでたのにね、と笑う顔に負の感情は一切見られず、単純に勤めを全うしていたことが窺える。

次の

#11 すばらしく美しいこの世界21

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

その諜報機関は国民ならば誰しもが知る組織だ。 降り立った場所はさっきまで氷の世界だったのに相手が離れると凍結は解除され元の雑木林の風景に戻っていた。 ベッドの脇に置いてあった鞄から、一本の短剣を取り出して上着の中に入れると、次こそは本当に部屋の鍵を閉めた。 ギリギリの戦いを制したのはサクヤ達だった。 あの状況では仕方がなかった……それで済むのだろう、私が本当にいま普通の女だったのなら。 彼女を助けてこそ本当の勝利なのだ。

次の

外の世界は危険でいっぱい!! ~男が衰退し、今や貴重なオトコノコ達に迫るケダモノたちの欲望~ 【白峰輝編】(モーションコミック版) [survive]

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

相手からしたらいきなり目の前の人間が消えたらしいのは反応からして間違いないようで相手が少し動揺したことをいいことに距離を取って身を隠している。 」 「眠れなかっただけだ。 」 マリアが厳しく諌める。 分かりました」 「あっ!一つ言い忘れていたことがあった!」 「なんですか?」 「貴方がなんだか私は知らないけど、そらる様は私の物だからね!絶対に取らないで!!」 といわれ、最後に念を押されるようにいいわね!?っと言われた… 僕はただ黙ってうなずくことしかできなかった… 「そらる様ただいま!!」 「おかえり。 私の方から離れればいいんだ。 バキリ、ギアッチョの拳が凍りついた木にめり込む。

次の

外の世界は危険でいっぱい!! ~男が衰退し、今や貴重なオトコノコ達に迫るケダモノたちの欲望~ 【水谷渓編】(モーションコミック版) [survive]

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

体を起こすと、カーテンの隙間を少し覗く。 だからさやってみない?」 「意味わかんないですよ!無理ですよ!」 「やってみてよw」 「無理です!!」 「そっかー…まふやってくれないんだ…そうだよね…」 そらるさんは!無意識なんですかね!?好きな人にそんな顔をされたら断れないじゃないですか!! 「うっ…わかりましたよ!!」 「やった…じゃあこれに着替えてね」 そう言って取り出してきたのは、白をベースにして赤いバラが飾りとしてついているドレスと、そのドレスに似合いそうな白いハイヒール なにこれ…絶対僕に似合わないでしょ!!無理だよ!! 「おーい!まなみー!まふまふに化粧してやってw」 「えー?なんでー?」 「こいつ女装するからw」 「えっ!?そうなんですか!」 「うんwよろしくw」 「そらる様が言うなら!」 そう言って腕を引っ張られて化粧部屋に連れていかれた… 「目、瞑って」 と言われたので大人しく目を瞑った… しばらくすると… 「はい。 「結局伝承の巨人も復活してしまったし、クロムだってもう諦めたようなこと言った。 この回は前世に触れているため特殊な回となりますので独立させています。 あいつらとは逆の方向に足を向ける。

次の

外の世界は危険でいっぱい!! ~男が衰退し、今や貴重なオトコノコ達に迫るケダモノたちの欲望~ 【水谷渓編】(モーションコミック版) [survive]

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

空耳だと判断、視線を戻して、あいつらに追いつこうと前に進む。 ファレノプシスは巨人に勝利したのだ。 サクヤは呆れたように溜息をつく。 「っなんだとぉ!!この女スタンド使いかっ!!」 動揺は一瞬だ。 「帝国はしばらくしたら壊滅するだろう。 」 「それもそうか。 その前に皆さんに言わないといけないことがあるでしょう?」 「そっか!じゃあ報告しましょうか!」 「あぁ」 何を言うんだろう… なんか…胸がざわざわする…聞きたくない…聞きたくない! 「お集りの皆さま!今日皆様に伝えたいことがあります」 「実は私達沢山相談した結果結婚という結論に至りました!」 うそ…やっぱり…結婚するんだ… 心のどこかでは結ばれないってわかっていたけど…いざとなると辛いなぁ… あっ…そうだ結ばれなかったら僕…死ぬんだった… 「結婚パーティが船であるので皆さまぜひお越しください!!」 「今日は来てくださり本当にありがとうございました!」 こうしてパーティはお開きになった… 「まふまふ…」 「なんですか?」 「お前今日めっちゃ…その…かわいかったよ…」 「ありがとうございます」 そんな事今言われても嬉しくない… そんな事言われても悲しくなるだけだ… 「船であるパーティ出てくれるよね?」 「もちろんです」 こういうとあなたはふっと優しく微笑んで… 「よかった…」 とかいうんだもん…誤解しちゃうじゃん… あぁ…泣きそう… 本当に涙が出てきそうになってきてるので走って部屋にいった そらるさんがなんか言っていたけど聞こえないふりをしてきた… そのまま眠くなってベットで寝てしまった… ______________ ついに来てしまった… あなたへの気持ちはとっくに諦めたはずなのに… うそ…まだ好きです…大好きです… 諦めるなんて無理だし… 「あなたは健やかなるときもなんちゃらかんちゃら~~」 「誓いますか?」 「はい誓います!」 「誓いますか?」 「誓います…」 そらるさんの表情が暗いのはどうしてだろう… 「それでは誓いのキスを」 あぁ…嫌な言葉だ誓いなんて… 僕からあなたを引き離す大っ嫌いな言葉… そしてあなたは…僕に見せつけるようにキスをした… あぁ…僕のこの気持ちはだれにも伝えることがなくそっと幕を閉じた… ___________________ 今日は船でみんな寝るのだ… なので、みんなもう寝てる。

次の

外の世界は危険でいっぱい!! ~男が衰退し、今や貴重なオトコノコ達に迫るケダモノたちの欲望~ 【白峰輝編】(モーションコミック版) [survive]

外 の 世界 は 危険 で いっぱい pixiv

依頼をこなしたのにも関わらずマイナスであることも珍しくない。 」 「別にコンプレックスじゃない。 」 クロムもまた苦笑した。 そもそもあいつらを仲間だと思ったことなんてなかった。 騒がしかった。 サクヤは顔を上げた。 私たちはしばらく二人で旅をしていたけど……少し喧嘩をしてしまって、そのまま道を分かれて、私はタルシスに辿り着いた。

次の