家 まで 送っ て いい です か えろ。 第13話 今日はいい一日だった

出張版!!家まで送ってイイですか?1(へびの津まさき) : PRESTIGE COMIC

家 まで 送っ て いい です か えろ

「そんなことないよ、私のこともお姉ちゃんだと思ってくれていいからね」 「は、はい」 なんだなんだ、私ってば意外と懐かれてるんじゃない? このまま順調にこのエンジェルちゃんのハートを射止めてみせるよ! 横断歩道を渡り、そのまま国道沿いに歩いていく。 明日もまたかわいい女の子と仲良くできたらいいなぁ。 私は歩く速さを愛花ちゃんに合わせてゆっくり歩く。 「ふたりの家はどっちが近いの?」 「私の方が近いですよ、だって近所だし」 「そういえばそう言ってたね」 「ほらそこですよ」 「近い!」 ひまわりちゃんの家は私の家から数百メートル程度の位置にあった。 「ふふん、ふふん」 「ご機嫌だねひまわりちゃん」 「えへへ、だってなずなさんに家まで送ってもらえるなんて夢みたいですから」 「お、大袈裟だね」 「そんなことないですよ~、小学生が高校生とお友達なるなんてなかなかできないんだから」 「まあ姉妹でもいないと接点がないよね」 「これは奇跡なんです」 「それはやっぱり大袈裟だと思うよ」 何かしたわけじゃないのに、本当になんでこんなに懐いてくれてるんだろう。 お母さんも交えて5人で遊んでいると、あっという間に夕暮れ時になっていた。 国道まで出て信号待ちをしていると、不意に私の手を愛花ちゃんが握った。

次の

第13話 今日はいい一日だった

家 まで 送っ て いい です か えろ

愛花ちゃんは私のすぐ隣を歩いてくれて、思ったよりもそばに寄ってくれている。 残された私と愛花ちゃん。 「えへへ」 きゅ~ん! 照れてる愛花ちゃん、めちゃくちゃかわいいよぉ! これは彩香ちゃんがメロメロになるのもわかるなぁ。 真ん中にはひまわりちゃんが入り、私は右端になった。 まあ、ただ私がもう少し一緒にいたかっただけなんだけどね。

次の

第13話 今日はいい一日だった

家 まで 送っ て いい です か えろ

まあわからないものはわからないし、今が幸せだしいいか。 まあ野球するのにあの公園を使ってたんだから、家が近いのは当然か。 。 「ここで大丈夫です、ありがとうございました」 「いえいえ、また家まで遊びに来てね」 「はい」 私たちは手を小さく振りあってお別れをしようとする。 「彩香ちゃんもいいかな?」 「はい……、ありがとうございます」 彩香ちゃんは外に出るとひまわりちゃんの隣に並んだ。

次の

出張版!!家まで送ってイイですか?1(へびの津まさき) : PRESTIGE COMIC

家 まで 送っ て いい です か えろ

楽しい時間はすぐに過ぎちゃうんだよね。 めちゃくちゃかわいい。 見た事も無いようなドエロい下着ばかり、今の下着が気になってくる。 まず目についたのは部屋の片隅に干してあるスケスケや紐、ド派手な下着たち。 私はこのあたりだと商店街の方を歩いてることが多いけど、そっちに行かないということはもっとむこうの住宅街なのかな。

次の

第13話 今日はいい一日だった

家 まで 送っ て いい です か えろ

今日一日だけでこれはなかなかの成果じゃないかな。 「ここです」 「このマンションなの?」 「はい」 そこは私がたまによるコンビニが一階にあるマンションだった。 その時、私の後ろから聞き覚えのある声がした。 保育士さんだそうです。 「うん?」 「あ、えっと、こっちです」 「そうなんだ」 愛花ちゃんの家は、川沿いにある私たちの家とは違って市街地の方にあるらしい。 私も気を付けないと柑奈ちゃんに同じこと言われたりするのかな。

次の

出張版!!家まで送ってイイですか?1(へびの津まさき) : PRESTIGE COMIC

家 まで 送っ て いい です か えろ

彩香ちゃんは愛花ちゃんを見るなり、駆け寄って抱きつこうとする。 今日は愛花ちゃんと出会えたし、思った以上に仲良くなれたし、いい一日だったなぁ。 彼氏はいないとの事。 と思ったら角を曲がってすぐのマンションの前で愛花ちゃんは立ち止まった。 「うう……」 「あらら」 私の背中から顔を出して、まるで変質者を見るような目を彩香ちゃんにむけている。

次の