シャニマス ヤンデレ ss。 【シャニマス】林間学校の漫画の凛世ちゃんが健気でかわいい

【シャニマスSS】甘奈「プロデューサーさんと千雪さんの距離が近い……妙だな……」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

シャニマス ヤンデレ ss

なーむにゃむにゃ」 zZZ 甘奈「なんだ寝言かー」 ナデナデ. 後でプロデューサーさんにも差し上げますね」 P「おお、ありがたい」 甜花(プロデューサーさん、しっかり道路側歩いてるね……) 甘奈「甜花ちゃん、二人の会話聞き取れる?」 甜花「それは駄目……楽しそうなことしか分からない……」 甘奈「会話が聞こえる距離まで、近づいてみよっか」 甜花「でも、これ以上近づくと……バレちゃいそう……」 甘奈「そ、そうだよね。 ただ、甜花、いっつもなーちゃんに迷惑... まぁ、分かってはいたけど……。 じゃあ、甘奈のことは……?」 「え?」甘奈の言葉が予想外だったのか、プロデューサーさんは呆けた表情を見せる。 なのでステより スキルを取るのが重要になるのでSPをひたすら集めるというのが基本の立ち回りになります。 よく似合ってる」 千雪「ふふっ、ありがとうございます。 初恋の人には、すでに恋人がいる。 まぁ、甜花の可愛さは認めるけどさ。

次の

【シャニマスss】真乃「今日もいつもどおり」

シャニマス ヤンデレ ss

以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• それ以上に、その……」 甘奈「プロデューサーさんと千雪さん、お付き合いしてたりするのかなって」 P「そんな風に見えてたか?」 甘奈「うん。 甘奈全然メーワクなんかじゃないもん」 甜花「えっと... なので各担当は1000になるように上限を取り他のステータスを伸ばすなりスキルを取るなりして査定を伸ばすんですね。 プロデューサーさんは手を止め、呆れた様子で言う。 メーワク... これデータとして持ってる人いますか? 体感としては合ってると思ってます。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• なーちゃんみたいになれないよね... 本気でやる人は知ってる人に聞いてください。 終わりに ということで、評価値育成に関して簡単に記事にしました。

次の

【シャニマス】評価値育成のススメ【SS達成記念】

シャニマス ヤンデレ ss

Ceはステータスの査定も高いので頑張ってステータスも盛ってください。 立ち回りのコツはDaレッスンのレベルを上げるように立ち回って、終盤の約束で踏むことですね。 甜花ちゃんは甘奈が守ったげるから」 甜花「迷惑かけて... 近くの公園に木陰とベンチがあったはずだ」 甜花「少し……元気になった。 気をつける... 温泉灯織が完凸したら楽に更新できたのでイルミネの力を感じました。 SS編成できるなと思ったきっかけはこの甘奈が育成できるからと言っても過言ではありません。 甜花、俺におぶさることはできるか?」 千雪「は、はい。

次の

【シャニマスSS】灯織「最悪な一日」|エレファント速報:SSまとめブログ

シャニマス ヤンデレ ss

そうかもね」 女子生徒B「まぁ甘奈はどうとでもなるとして、姉の方は独り立ちしてる姿は想像できないかなー」 女子生徒A「うんうん。 行き先はあの公園。 」 男子生徒B「減るもんじゃないし、いいじゃんよー」 甜花「あの... (丸投げ) スキル査定の話から編成段階でボーナスができるだけ付くように組んだ方がいいって分かりますよね。 男子生徒A「なーなー、いいじゃん大崎」 甜花「ひうっ... それが甜花ほどの物じゃ無くても」 P「……なんてこと、自分で言うと自惚れてるみたいで恥ずかしいけどな」 甘奈「それは……」 甘奈「……ううん、自惚れなんかじゃないよ」 甘奈「甘奈、プロデューサーさんのことも千雪さんのことも、とっても大切に思ってる」 甘奈「……そっか。 そうじゃなくて... 個人的にお菓子甘奈が大好きなのと雑誌行くのは下振れって思ってるのでこっち採用です。 ところで、今日は上機嫌ですね」 P「あ、分かる? いやー、今日だけで縁起のいいこと尽くしでさー」 真乃「ほわっ、何があったんですか?」 P「まず、仕事行く前の道で黒猫御一行が前通るだろ?」 灯織「……うん?」 P「で、カラスとは目が合うわ鳴いてくれるわだし、そういえば部屋に置いてある小さな鏡も割れたなー」 めぐる「ほとんど灯織と同じじゃん! どうしてそんな気分良さそうなの?」 P「え? だって猫は招き猫にもなるくらいだし、商売…って言い方だと変だけど、仕事が上手く行きそうな気がするし」 灯織「確かに…でも、黒猫ですよ?」 P「黒猫で悪いイメージあるのは西洋のジンクスとか、黒だからとかじゃないか? 黒でも同じ猫だし縁起いいかなって」 真乃「じゃあ、カラスさんと鏡はどうなんですか?」 P「カラスは神話で八咫烏っているし、神様の遣いってことで縁起いいだろ? 鏡が割れるのは自分に不吉なことから身を守ってくれたって言われてる」 灯織「……そんな見方あったんだ」 P「まあ、ジンクスはいい方にも悪い方にも捉えられるからな。 そうじゃないように成長した」 P「そんな自分を認めてやればいい」 甘奈「……認める?」 P「そうだ。

次の

【シャニマス】評価値育成のススメ【SS達成記念】

シャニマス ヤンデレ ss

ごめんね、甜花ちゃん……」 甜花「……駄目」 甜花「それは駄目だよ、なーちゃん」 甘奈「甜花ちゃん……?」 甜花「甜花ね……うまく言えないけど……帰ったら、駄目だと思う……」 甜花「二人だけの世界なら、寂しくないし、痛くもないけど……」 甜花「きっと、何か足りないと思う……」 甜花「だから、プロデューサーさんと……ちゃんと話さなきゃ……」 甘奈「でも、甘奈は……」 甜花「……喋ってたら……眠くなってきちゃった」 甜花「甜花、少しだけ眠るね……なーちゃん……」 甘奈「……甜花ちゃん……」 P「おーい甜花ー……っと、寝てるのか」 P「気を失ってるわけでは無いよな……?」 甘奈「うん。 むんっ 鳥インフル• 」 甘奈「はーい、箸持つの疲れたら言ってね。 なんか間違ってたら教えてください。 1度取ってSP0になっているライブスキルを2度目以降に取っても査定は入ります。 よく考えたら温泉完凸したので真乃でやればいいんじゃないか。 夏葉はDaの約束が多いのでDaのステが伸びましたね。 プロデュース2回で出来たので立ち回りのコツとか覚えてません。

次の

【シャニマスSS】甘奈「甘奈たちのステキな進路」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

シャニマス ヤンデレ ss

」 甘奈「あっそっか、ごめんごめんいつもの癖で」 甜花「一人で食べられるから... なーちゃん……どうする?」 甜花「ここの中、あんまり広そうじゃないけど……」 甘奈「うーん、外から見張っとこっか」 甜花「……残念」 P「お、千雪。 社長がもっとクールビズに積極的ならいいんだけど」 P「千雪が勤めてた雑貨屋は、その辺りどうだったんだ?」 千雪「ありませんでしたね。 その事実だけで、満足できた。 任されました……!」 甜花「うん……お願い……しましゅ……」 P「よし、移動するぞ。 。 「また来るね、ばいばい」. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• ボーナスが強いんですよね。

次の