リクナビ 行政 指導。 リクナビ問題で行政指導 三菱商事 トヨタなど|テレ東NEWS:テレビ東京

リクナビ問題行政指導 対象企業と指導内容をまとめました

リクナビ 行政 指導

あと、「マンパワー」がかかるといっても、今行われているのはほとんどが「就活シーズン」だけの対応に過ぎないわけで、そんなにコストをかけなくても、もう少し長い期間学生をフォローし続けることで、双方がハッピーになる採用をすることもできるはずなので、未だ精度が低い(と思われる)「データ解析」に頼る前に、やるべきことをやったら?というのが、自分の思いである。 民法上の「公示送達」の手続きを活用し、運営者不明のまま勧告を行ったと説明した。 また、情報を提供したリクルートとリクルートキャリアも合わせて個人情報保護法に基づく2回目の勧告を受けました。 」といった説明はあるものの、 「『応募行動についての予測モデル』を『リクナビ上での行動ログ』と照合することによって得られたスコア値が、どの程度信頼に足るものだったのか?」 という点については、何ら言及されていない。 冷静に、かつ取り交わされたであろう契約上の利用条件に則って「あくまで実験サンプル」と割り切って活用した会社がほとんどだと信じたいところではあるのだが、もしかしたら「藁にもすがる思い」で、リクルートの提供するサービスに飛び乗った会社もあったかもしれない。

次の

行政指導・辞退率提供廃止、それでもリクナビから離れられない深い事情

リクナビ 行政 指導

データはトヨタ自動車や京セラなど大企業が利用。 そのうえで「就職活動中の学生を不安にさせたり、萎縮させたりしないよう、業界団体に対してもみずからの問題として受け止めてほしい」と述べ、同様の問題が起きないよう求人情報サイトを扱う業界団体に対して個人情報を適切に扱うよう求める要請文を出したことを明らかにした。 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが学生の同意を得ないで内定辞退率を予測して企業に提供していた問題で提供を受けた企業がきのう政府の個人情報保護委員会の行政指導を受けました。 採用担当者負担を軽減する狙いでリリースしたが、学生への配慮が不足していた他、社内のチェック体制が機能していなかったという。 かつて常道だった大学の上下関係を駆使した「囲い込み」作戦はとうの昔に廃れてしまっているし、ちょっと「圧迫」するだけで騒ぎになってしまう今の世の中では、何かと対応もスマートになりがちだから、どうしても「本人に触る前にデータで・・・」という発想に向かってしまうのかもしれないが、 「採用」「入社」の最後の決め手になるのが人と人との生身のコミュニケーションだ、という点には今も昔も、洋の東西問わず変わりはないはず。 リクナビ問題行政指導 対象企業についてまとめました。

次の

他人事ではない「リクナビ問題」、全企業に行政指導リスク

リクナビ 行政 指導

リクナビ問題を機に、Cookieと他の情報を結合して個人を特定する行為を問題視していた。 小林大三社長が登壇し、学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた件の背景を語った。 が、「(1度目の勧告の)原因となった事項以外にも個人情報保護法に抵触する事実が確認されたため、あらためて勧告した」(同委)という。 また、 メールや電話による内定者フォローを強化している企業も増えつつある一方で、過去5年で「学生による辞退率」は大きく増加しているのが現状です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

リクナビ問題で行政指導 三菱商事 トヨタなど|テレ東NEWS:テレビ東京

リクナビ 行政 指導

同委員会は37社のうち内定辞退率のデータを購入していた35社の社名も公表した。 関連記事• 同委は5件の勧告について、対象の名称など詳細は明記していない。 行政指導を受けたのはトヨタ自動車、三菱商事、三菱電機など37の企業です。 これを受け、個人情報保護法を改正し、閲覧履歴の提供などを規制することにしたと報告した。 同委はプライバシーポリシーの漏れに加え、顧客企業側で特定の個人を識別できることを知りながら、リクナビでは「特定の個人を識別できない」と説明し、リクナビユーザーからの同意取得を回避していた点も指摘。

次の

リクナビ問題でトヨタなど行政指導…就活生同意なく内定辞退率を入手 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

リクナビ 行政 指導

指導対象は昨年春に開始の「リクナビDMPフォロー」と呼ばれるサービス。 今回の指導・勧告を受け、リクルートとリクルートキャリアは「今回の一連の事実を重く受け止め、グループ一丸となって再発防止に取組んでいく」と謝罪している。 厚労省は辞退率などの購入契約を結んだ企業38社についても、就活生本人の同意なくデータを取得した行為などが職業安定法に抵触していないか調査している。 しかし同委員会の担当者は、不採用通知を受け取った学生が「内定辞退率を使われたことが原因ではないかと不安を持つのは当然」と指摘した。 サイトを運営するリクルートキャリアに対しても、8月の改善勧告の内容に加え、2018年度の卒業生向けのサービスも不適切だったとして、2度目の改善勧告を行った。

次の

個人情報保護委、“リクナビの内定辞退率”利用企業に行政指導 トヨタ、京セラなど35社

リクナビ 行政 指導

顧客企業が就活生の個人情報をリクルートキャリアに送信すると、リクナビの閲覧履歴などを使って人工知能(AI)が計算した辞退率が取得できる仕組みだった。 (2)の「個人データを第三者に提供する場合、組織的な法的検討を行い、必要な対応を 行うこと」というのも、何を今更という感じがします。 今回の問題を招いた背景には、顧客企業からの要望と、個人情報に対する理解の甘さがあったという。 リクナビの利用についても「急に使わないようにはできないが、付き合い方は変わるかもしれない」という。 関連リンク• また、リクナビを運営するリクルートキャリア(東京)に対しても2度目の勧告を実施した。 これらの企業は、辞退率の作成を依頼したがデータを受け取っていない。

次の