かんぽ 生命 会見。 かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

かんぽ生命保険の会見強制終了!日本郵政の法令違反詐欺?責任を取らない理由は?

かんぽ 生命 会見

2回目は9月30日の中間報告。 また郵政グループ経営陣が集まる会議の場で、問題を共有したり、議論したりする機能を強化していくという。 責任を追及されて逆切れでの退場のようですね。 2回目、3回目は華やかなパフ型。 記者会見はドラマティックで会社の広報力、個人の表現力が試される場ともいえます。

次の

かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

かんぽ 生命 会見

増田社長は「外部の専門家を入れてコンプライアンスをどうするのか、ガバナンスをどうするのかを考えていきたい」と話した。 「調査報告書を読んでいない」のに会見した会社はかんぽ以外にもありました。 この時、記者会見場を立ち去る際に社長が発した言葉は「私は寝ていないんだ」。 かんぽ問題の次に不誠実さを感じた会見は、関電の金品受領問題で開かれた9月27日の会見です。 お詫びの気持ちではなく怒りの印象を残して立ち去り、最悪の会見になってしまったといえるでしょう。 「先ほど調査委員会から報告書を受け取ったところだ。

次の

かんぽ、尽きぬ不正 調査対象新たに22万件と大幅増

かんぽ 生命 会見

記者の質問の意味を理解していながら意図的にはぐらかす回答でした。 最悪は「かんぽ生命」不適切販売 2019年、私が最悪と感じた記者会見は、12月18日に行われたかんぽ生命の不適切販売に関する経営トップの会見です。 金融庁の行政処分なども踏まえ、しかるべきタイミングで報告したい」と、言及を避け続けた。 長門社長のチーフの入れ方にも違和感を持ちました。 感染拡大の影響では、不正が疑われる局員への面談調査を中断しており、調査終了時期がずれ込む可能性が出ている。 全容解明に向け、調査対象を拡大する考えを示した。

次の

かんぽ生命保険の会見強制終了!日本郵政の法令違反詐欺?責任を取らない理由は?

かんぽ 生命 会見

これでは何のために記者会見しているのか全くわからないからです。 リクナビ内定辞退率予測データ販売問題で8月26日に開かれた会見です。 経営の自由度が増し、国民サービスの改善にもつながる」とした。 早くやれば回答しなくていいことが多くなる、と思惑したのではないでしょうか。 会見はただやればいいというものではありません。

次の

かんぽ生命の意外な「ホワイト労働」 個人客への営業ノルマは郵便局に押し付け

かんぽ 生命 会見

私が注目した不祥事関連の会見を振り返り教訓をまとめます。 何を目的とした会見だったのでしょうか。 12月18日に開かれた記者会見で頭を下げる(左から)日本郵便の横山邦男社長、日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命の植平光彦社長(写真:共同通信) 特別調査委員会の報告書では不適切販売が起こった原因、とりわけ保険販売員が不適切販売に手を出したきっかけや理由に焦点が当てられた。 最後の捨て台詞は「報告書をもらって、朝からずっと取締役会だったんだ!」と反論し、攻撃的な表情。 また、上から目線ではなく、1つ1つ丁寧に回答していたことが好印象でした。

次の

かんぽ生命、会見「強制打ち切り」で見えた改革意識の乏しさ:日経ビジネス電子版

かんぽ 生命 会見

2019年を振り返ったある会社の研修では幹部の方々から次のようなコメントが寄せられました。 報告書を報道機関も経営者も読んでから質疑応答とすれば、もっと建設的な記者会見になったはずです。 それに対して長門社長は、「最初に調査委員会から2時間説明した。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 今後、関与した局員2619人の処分を進める。 かんぽの千田哲也社長は「高齢の顧客も含め、まずは信頼を回復したい」と述べた。

次の