アジア の 反応。 日露戦争について。日露戦争の結果に対するアジアの国々の反応を教え...

外国人「なぜ日本人は他のアジア人よりイケメンな民族なの?」→「名誉アーリア人だ」海外の反応

アジア の 反応

わたしはドイツで5年ほど暮らしてみて、日本にいるときには気づかなかった、日本のいいところがいろいろ見えてきました(もちろん逆のこともありますが)。 ホルンバッハ「全世界の多くの地域は、肯定的な反応だったが、このCMに反対する煽動的な活動や署名運動の勢いが増大した」 ホルンバッハ社は、3月28日に始まったCMの取り下げを求める署名活動が3万筆を超えた4月中旬にも、取り下げについては真っ向から否定していた。 「」 ことしは明治の日本に注目ですよ。 台湾と沖縄では全く遺伝子が異なっているのがスンダ列島説を否定するおおきな根拠である。 そしてドイツにおいて、アジア人は移住の歴史が古いにもかかわらず、ほとんどドイツ語ができない役として描かれています。 断っておけば、わたしはアニメとマンガが大好きで、「モーニング娘。

次の

ドイツの“日本人蔑視”CMが取り下げに。ホルンバッハ社「全世界の多くの地域からは、肯定的な反応があった」と弁明

アジア の 反応

人種なんてものは、本来存在せず、遺伝子のかたよりにすぎない。 旅行を考えている方も、在住者の方も現状では身の危険があったり、誹謗中傷される可能性は低いと思います。 がよくに行く国の中の一つだ。 ただ、日本以外のアジアの国々が糞なだけだと思うよ。 例えば、YouTubeで公開された日本戦の動画には、こんなコメントがあった。 海外の反応• でも、オタクは海外でもあくまでオタクです。 ヘッセン州在住の日本人女性は、性被害は「被害者に非がある」と言われることの多い日本での状況を引き合いに出し、次のように語った。

次の

外国人「なぜ日本人は他のアジア人よりイケメンな民族なの?」→「名誉アーリア人だ」海外の反応

アジア の 反応

com• でもせっかくなら、それが「世界に通用するものだったらいいのにな」と思うのです。 弥生人とは単なる北方モンゴロイドではない。 日本のロシアに対する勝利は、アジア民族に政治的自覚をもたらすとともに、アジア諸民族を西洋帝国主義に抵抗すべく立ち上がらせ、各地で独立を取り戻すための民族運動が起きた アジア人ではないけれど、アメリカ人の学者はこう見た。 韓国よりむしろ日本のイメージを下げるだけだね。 日本人は、縄文人〈現在は先祖のひとつではあるが)とは基本的に異なる民族。 とりとめのない記事になりましたが、少しでも参考になれば幸いです。 此の日本の勝利は全アジアで影響を及ぽし、アジア全体の諸民族は皆有頂天になり、そして極めて大きな希望を抱くに至ったのであります。

次の

アジア人差別?コロナウィルスに対するベルギーの反応

アジア の 反応

ベスト16でFIFAランク3位のベルギーと対戦した日本は、後半に原口元気と乾貴士のゴールで先制しながらも、その後立て続けに2失点。 よくわからないけどメイド喫茶に行ってみたり、コンビニでおにぎりを買ってみたり、スクランブル交差点を往復してみたり、原宿でクレープを買ってみたりする。 を受賞した意外な国。 「よくやった。 これ自体がそもそも独特です。 スンダ大陸学説などというのがあるがまったく説得力がない。

次の

アジアの中でも特別?海外の反応にみる「日本称賛番組」の違和感

アジア の 反応

自分の国に自信を持つことは悪いことではありません。 有史以前から地球上に線が引かれていて、ここからはアジア、ここからはヨーロッパと決まっていたとでも思ってるのかよw 加えて言えば、日本がいわゆる他のアジアとの隔たりが進んだのは、別に近代以後大きく西洋化が進み、特に戦後は西欧先進国に一人あたりの豊かさで並んだ結果でも何でもないんだよ。 日本代表はアジアのチームとしては唯一、決勝トーナメントに進出。 理由:サンプルの抽出方法として母集団(この場合日本人全体)より無作為抽出により抽出しなくてはいけないのだが、 これを発表した連中はそれをおこたり、人口比を無視し、中南九州と東北地方だけでサンプルした検体だけをつかい結論をだしている。 ベルギーだけでなく他の国でもこれ以上嫌な思いをする方が増えないうちに、ウィルスの流行が収まるのを説に願うばかりです。 駅前広場にはちょっとあるかも。 むしろ、男系・民族遺伝子であり歴史的にもっとも拡散されている清和源氏等の皇別氏、藤原氏のY遺伝子をはっきりさせてから考えたほうがよいのである。

次の

[B!] 韓国人「アジアでノーベル賞を多く受賞した国家TOP5を調べてみよう」 : カイカイ反応通信

アジア の 反応

79656》. 冷静に奴らを縛る手段を考えるんや。 戦争はもちろん行ってはいけないものですが、日露戦争 1904年から太平洋戦争敗戦 1945年まで、日本の全てが間違っていた訳ではありません。 あるシンガポール・メディアは「ベルギーに敗北した日本を悲しいけれど誇りに思う」と報道する。 韓国を叩くつもりだったんだろうけど他のアジアすべてを見下してるし、イケメンと言われて舞い上がって俺たちは凄いんだ、名誉アーリア人だと色んな人種が見てる前で自画自賛してしまってる。 私は今でも、日露戦争と、日本が勝利を得たことを聞いたときの感動を思いおこすことができる ビルマ人は英国の統治下に入って初めてアジアの一国民の偉大さについて聞いたのである バー・モウ インド独立の父・ガンディーも、日本の勝利に体がふるえるほどの感動を覚えた。 しかし、日本の観光地としての魅力を伝えるためには、もっと「外からの目」を客観的に認識することが必要なのではないでしょうか。

次の