サンデー。 サンデーサイレンス

サンデー

サンデー

2013年産• サンデーサイレンスは奇跡的に一命を取り留めて競走能力こそ失わなかったものの、全身に無数の切り傷と打撲を負い、しばらくまっすぐに歩けなくなるほどの重傷を負った。 (『優駿』2002年10月号、25頁。 2014年産• 2009年(2008年10月 - 2009年9月) 773,062部 発行部数(2008年4月以降)() 1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月 2008年 866,667 部 833,334 部 802,084 部 2009年 781,667 部 765,000 部 745,770 部 717,728 部 2010年 684,462 部 670,417 部 645,834 部 624,546 部 2011年 630,770 部 605,000 部 583,750 部 565,584 部 2012年 540,167 部 526,500 部 525,834 部 520,334 部 2013年 502,000 部 494,000 部 532,667 部 490,334 部 2014年 461,250 部 445,500 部 428,417 部 411,250 部 2015年 393,417 部 388,417 部 369,231 部 356,584 部 2016年 345,667 部 369,833 部 330,000 部 323,250 部 2017年 319,667 部 315,750 部 311,167 部 306,000 部 2018年 298,333 部 301,667 部 306,667 部 296,250 部 2019年 277,500 部 263,333 部 252,500 部 242,083 部 2020年 232,500 部 詳細は「」を参照 系列誌 [ ]• この時期、『コロコロコミック』と『サンデー』の中間層をターゲットにした『』(1999年)、メディアミックス誌『』(2000年)が創刊された。 続けて吉沢は「日本の競馬は小が大を制するとか、脇役が主役を食うとか、底辺から這い上がった馬が頂点をめざすとか、どんでん返しの展開とか、意外性とか、そういった波瀾万丈、立身出世のシナリオ展開があって発展してきた。 それからステイもディープもコンパクトだったけれど、実際よりも大きく見せる馬だった。 ヴァレンズエラ D10. 5 』大村書店、1996年10月。

次の

サンデーサイレンス

サンデー

、78頁。 外弧姿勢、X状姿勢という。 新人作家の育成を絶対的な使命とする大改革を行うと宣言し、大きな話題となった。 種牡馬として [ ] 種牡馬成績・記録 [ ] 前述のように、サンデーサイレンスは初年度産駒がデビューした翌年の1995年から2007年にかけて、13年連続でリーディングサイアーとなった。 2011年12月17日閲覧。 :など重賞4勝(父)• 、276頁。 フレグモーネを引き起こした細菌は、血管が少なく抗生物質の効果が現れにくい深屈腱 に入り込んでいた。

次の

サンデーサイレンス

サンデー

2頭の関係はとの再来、競馬史上最高のライバル関係と評された。 村本浩平「サンデーサイレンスの実像」『全部見せます中央競馬2002』、エンターブレイン、2003年1月、 136-137頁。 筋肉や繋ぎの柔らかさも特徴の一つである。 競走馬名 [ ] サンデーサイレンスという競走馬名は、に住むストローという名の夫婦が考案した。 :、(父)• 62 1億8600万7000円 2002年 69 326 22 29 27 0. ハリウッドパーク GII 2着 P. :(父)• :キーンランドカップ(父ファルヴラヴ)• サンデーサイレンスの血を引き継いでいたということですし、遺伝力が強いんでしょう。 作家のによると、吉田善哉がサンデーサイレンスの購入を思い立ったのは、同馬が勝ったプリークネスステークスのビデオを観たときのことである。 1996年産• 柴田哲孝『サンデーサイレンスの奇跡』、2008年。

次の

爆笑問題の日曜サンデー

サンデー

:京都金杯、、(父)• :中山牝馬ステークス(父キングカメハメハ)• 最後に生まれた産駒はハギノプリンセス(母サベージレディ) である。 、189-194頁。 絶対可憐チルドレン• 、38-41頁。 - サンデーのウェブコミック配信サイト。 :京都金杯(父クロフネ)• 、262頁。

次の

サンデーサイレンス

サンデー

:など重賞5勝(父)• 代謝が良いということは、脂肪も上手く燃やせるわけですから、サンデーサイレンスに薄手の馬が多いのではないかと。 2015年10月23日閲覧。 (、シンザン記念)• 最高価格は2002年の第5回セールで落札された(の2002)の約3億5000万円。 それまで日本の競走馬生産者の間には年間100頭を超えて種付けをさせることは種牡馬を酷使しているという認識があったが、サンデーサイレンスの種付け頭数が100頭、200頭を超えるのに伴いほかの種牡馬も200頭を超える種付けを行うことが珍しくなくなった。 、9頁。 、24頁。

次の

サンデー

サンデー

2001年産• 89 4億4832万5000円 2003年 130 669 46 60 5 1. レース前の盛り上がりはニューヨーク競馬協会が発行した取材許可証の多さにも表れ、その数は、ソ連(当時)の共産党機関紙「プラウダ」の記者分を含めて1300枚だった。 「サンデー」という誌名は「この雑誌を読むとまるで日曜日のように楽しい気分に浸れるように」という初代編集長が名付けた。 (青葉賞)• 伝統的に、掲載作品については編集部が企画段階から関与し、その意向が作品の方向性に少なからぬ影響を及ぼす。 (マイルチャンピオンシップ、)• (1976年47号 - 1984年29号)• (など重賞3勝)• 1995年から2007年までの13回。 あれこそプレッシャーと呼ぶにふさわしい心境だったな」と答えた。

次の