いすゞ みまもり くん ログイン。 いすゞ自動車/「みまもりくんオンラインサービス」発売

いすゞ自動車/「みまもりくんオンラインサービス」発売

いすゞ みまもり くん ログイン

事務所のパソコンから緊急追跡の指令を発信すると車両が継続的に位置を発信し始める。 今回、「みまもりくんオンラインサービス」に、「インターネットドラレコ」や「ECO安全運転レポート」などの新たな機能を追加するとともに、「運行時間分析レポート」や「運転日報」に改良をほどこし、運行サポート機能の充実化を図りました。 いすゞIT対応車であれば、燃費、運転集中度低下状況などの高度な情報の記載が可能。 また、いすゞ自動車の井田義則代表取締役社長は、「みまもりくんオンラインサービスは輸送品質を高め、ユーザーは他社に対してアドバンテージを築けるだろう」と述べた。 ハンディターミナルシステム開発・導入に関するお問合せ。 「フォーム」「フォームのユーザー名およびパスワード」のチェックを外し、「OK」ボタンを選択する。

次の

いすゞの運行管理システム「みまもりくん」の関連デジタコは?

いすゞ みまもり くん ログイン

<言語バーで半角英数に切り替え> 言語バーの「あ」の文字を選択し、半角英数をクリックします。 警報サービス 事故の可能性が高い急減速を検知した場合、自動的にあらかじめ指定したパソコンや携帯電話にメールでお知らせするサービス。 経費削減にも効果がありましたね。 さらに、eラーニングによってドライバーにヒヤリハット事例などの課題に取り組んでもらうなどを行い、事故数を削減することができました。 当社WEBサイトで利用するユーザーネームとログインパスワードには以下のご注意点がございます。 までご連絡ください。 WIN対応通信モジュールを内蔵可能な新型「みまもりくんコントローラー」 タコグラフは車の走行速度と距離を24時間以上自動記録する装置と、施錠装置から構成されているが、そこに無線通信機能が加わることで、データ記録用のメモリカードが不要になり、カードの管理や交換の手間がなくなる。

次の

みまもりくんオンラインサービス 栃木いすゞ自動車株式会社

いすゞ みまもり くん ログイン

このため、従来のように車両単体の性能向上を進めるだけでは、運送事業者の満足は必ずしも得られなくなってきている。 1台当たりの販売価格は、初期導入費が7万9980円(税込み)、月額利用料が945円(同)。 ドライバーにとっても良い変化だっだと思います。 (12月25日)• 車両1台につき最大5カ所にメールを自動送信する。 【オートコンプリート機能の解除方法】 <Internet Explorer 11. 改善すべき点の指導は改まって面談などを行うわけではなく、気付いた時にドライバーに声をかけるようにしています。 (アルファベットの大文字(SBIなど)と小文字(sbiなど)は同一文字として取り扱います。

次の

ISUZU 高度運行情報システム みまもりくんオンラインサービスとのデータ連携|システム・プロモーション

いすゞ みまもり くん ログイン

(12月28日)• ・文字数に制限がありますので、桁数をご確認ください。 2 「車両メンテ時期お知らせ」 追加 部品の交換時期到来を自動で判断し、車両と事務所にお知らせするサービスです。 近年は顧客側も処理プロセスを厳しくチェックしているため、いすゞのデジタコによる運行管理は顧客に安心してもらえる重要な要素となっています。 一般貨物の運送事業を行う愛知県の会社の導入事例 徹底した運行管理が行える 事業が拡大し、車両も年々増えてきて今どの車両がどこを走っているのか、ドライバー1人ひとりの運行状況はどうなっているのかが把握しきれないようになりました。 現在では全車にMIMAMORIを搭載し、燃費の大幅向上や事故の削減に成功しているとのこと。

次の

いすゞの運行管理システム「みまもりくん」の関連デジタコは?

いすゞ みまもり くん ログイン

安全確実な配送サービスにまた1歩近づいたと感じています。 一方、燃料の高騰、の法規化など、を取り巻くは厳しさを増しており、「みまもりくん」にも更なる強化が求められておりました。 ・ 車両位置お知らせサービスの画面に「フリースクロール」機能を採用し、地図の操作性の向上を図ります。 おかげさまで、大型車両の事故数が減少。 また長期間の運行の際に、車両が事務所に戻らなくても運行解析ができる。 第二回エコプロダクツ大賞国土交通大臣賞(エコサービス部門)受賞 出典 [ ]. 関連リンク• 販売管理システムに関するお問合せ。

次の

いすゞとKDDI、テレマティクスシステム「みまもりくんオンラインサービス」を一新

いすゞ みまもり くん ログイン

MIMAMORIは温度管理システムも搭載されているので、輸送品質が保たれることはもちろん、顧客にきちんと管理を行っているのをアピールできる証拠にもなりました。 顧客の信頼を得るのに役立っている 各顧客からの監査を年1回受けているのですが、そのときにデジタコを活用して運行管理を説明すると、「素晴らしい運行管理だ」と褒めてもらえることが多くあります。 みまもりくんオンラインサービスは、KDDIのデータ通信網やインターネットを利用し、商用車の運行状況をリアルタイムに確認できる管理システムだ。 ・文字は半角英数でご入力ください。 「みまもりくんオンラインサービス」は燃費を向上させたい、運行管理業務を効率化したい、 というお客様のニーズにお応えする高度運行情報システムです。

次の

みまもりくんオンラインサービス 栃木いすゞ自動車株式会社

いすゞ みまもり くん ログイン

MIMAMORIを導入したのは、多機能な上、ドライバーと運行管理者の双方のスキルを向上させられると考えたから。 これにより、従来のデジタコで必要だったメモリカードの紛失、破損などによるコスト削減が図れるばかりでなく、長期の運転の際にも車両が事務所に戻ることなく運行解析が可能になりました。 しかし省燃費支援と物流効率の向上のニーズから、商用車向けのテレマティクスへ、世界的に注目が集まっている。 国土交通省が定める運行管理規程に準拠した。 将来的には、「みまもりくんオンラインサービス」を搭載したトラックが、日本全国を走行しながら現場のさまざまな情報をリアルタイムで発信することにより、情報の精度、活用範囲は格段に向上し、新たな利用価値・効果の創出が図られることとなる。

次の

いすゞの運行管理システム「みまもりくん」の関連デジタコは?

いすゞ みまもり くん ログイン

燃料消費量はもちろん、アクセルの踏み方、ギア段の使われ方、ブレーキ操作状況など詳細な運転操作データが収集できます。 コントローラーには、GPS機能を持つKDDIのが内蔵され、国内では初めてデジタコの情報をリアルタイムに事業所へ送信できるようになった。 4 輸送状況レポート ・ 顧客事業所に所属する車両の配送等の進捗状況を一覧表示します。 「みまもりくんオンラインサービス」は、2002年1月より販売している運行診断システム「みまもりくん」に、新たにGPSによる位置情報検索機能を加えると共に、データ通信やモバイルシステムで実績あるKDDIのパケット通信技術により、インターネット上でリアルタイムに車両の運行情報 燃費、CO・NOx・PMの排出量、位置情報、ドライバーのギア段・アクセル・ブレーキを初めとする運転操作情報 を提供する。 あらかじめ登録しておけば、荷主も利用可能。 (12月28日)• 「OK」ボタンをクリックし、「インターネットオプション」画面を閉じる。 (12月28日)• みまもりくんオンラインサービスの初期導入価格は7万9980円/1台、月額使用料が945円/1台となっている。

次の