東京 新聞 杯 2020。 東京新聞杯2020 予想オッズ・出走予定馬・騎手・枠順=競馬ナンデ=

【東京新聞杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

東京 新聞 杯 2020

先週の2重賞はどちらも買いたかった2頭が除外や回避で不出走となり、それが直接の原因ではないにしても、馬券も当たらない1週間でした。 ギリギリまでしっかり悩んで、バッチリ当てたいです。 1着候補 ヴァンドギャルド 減点なし• 固い決着も過去にある東京新聞杯ですが、オッズを素直に信用できるとも思えない今回。 さらにロードカナロア産駒は複勝率33. その後壁を割っての4着。 完歩小さく良馬場だとジリ脚気味。 能力が高いです。

次の

東京新聞杯 2020【予想/データ】枠順確定!「年齢」「4角位置取り」など攻略ポイントを公開!レイエンダなど主な出走馬の解説も

東京 新聞 杯 2020

抑えておきたい一頭です。 お手軽にお試し頂ければと思います。 0kg 内田 博幸 菊沢 隆徳 大城 敬三 4枠 7番 サラキア 牝5 54. 現在条件クラスを3連勝中。 脚質データ 勝ち馬は逃げ馬2頭、先行馬3頭、中団馬5頭と差しタイプが良く勝利しています。 9 1:33. 通算成績は「4. 重賞だとキレが足りない。 こうすれば走るという状態にいつも持っていければ良いけど、それがわかるまでなかなか険しい道のりだと感じています」 2着 シャドウディーヴァ(岩田康誠騎手) 「うまく内に入れて、内枠の馬を見ながらレースした。 頭でいいと思うよ」(競馬関係者) 〇には重賞での実績十分なプリモシーン(牝5、美浦・木村哲也厩舎)を指名した。

次の

東京新聞杯2020 予想オッズ・出走予定馬・騎手・枠順=競馬ナンデ=

東京 新聞 杯 2020

原稿をお借りしてPRにやってきました。 種牡馬データ ディープインパクト産駒は出走頭数25頭と断トツで複勝率も32%と高め。 それだけに、 下馬評に惑わされない予想が大切よ。 現在4連続8着以下。 1着候補 クリノガウディー 減点なし• 5 494 0 10 5 10 牡7 56. つまり、スタートして外目のポジションになると中々最内まで馬を誘導するのが難しい状況で隊列としてはそのまま。 2着には、エリザベス女王杯を惨敗した後、3勝クラスを勝ってきたシャドウディーヴァが入っています。 若い馬を中心に馬券を組み立てた方が良さそうですね。

次の

【競馬・東京新聞杯】ヴァンドギャルドいっくん出遅れwwwwwwwww

東京 新聞 杯 2020

消 1枠1番 プリモシーン このメンバーでは一番好きなのはプリモシーン。 6,500 Views 2週間前• スウィングビート• 0 安田隆行 栗東 牡 56. 東京新聞杯2020 〜買い目公開〜 今回は3連単で勝負することにしました! 買い目を公開すると同時にline@でお知らせしています。 ただ、2番手以降はスロー。 クリノガウディー(牡4) 一昨年の朝日杯フューチュリティSで2着に入り、素質の片鱗をアピール。 0 木村哲也 美浦 牝 54. 0 加藤征弘 美浦 牡 57. 税抜き価格• 0 10 58. 中でも前走のウェルカムステークスでは重馬場に加えて アントリューズら強敵が集まった中で結果を残した点は評価できる内容で 今回の東京新聞杯でも好走が期待出来ます。 「この条件は間違いなくベスト。 【過去成績】重賞成績は0-0-0-3。

次の

【東京新聞杯2020予想】過去傾向・展開予想・激推し穴馬・買い目を大公開!!

東京 新聞 杯 2020

1着候補 ブレスジャーニー 減点なし• ここも崩れなし。 3 470 -4 3 7 13 牡4 56. 馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券以上が2度出ている。 9 496 +8 4 3 5 牡6 56. 今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。 9倍以下の馬が18頭出走して、わずか2勝。 また、6歳馬は3着がないのも特徴的だ。 ただ、注意して欲しいのが キングカメハメハ産駒ね。 そして、今週の東京では芝のマイル重賞、GIII東京新聞杯(2月9日/東京・芝1600m)が行なわれます。

次の

東京新聞杯2020|芸能人・有名人・プロ予想まとめ、林修・杉本清・細江純子・井崎脩五郎の予想は?

東京 新聞 杯 2020

3% 3連複:54. 0kg M. 出走予定馬(2月6日) 2020年の 東京新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。 2020年の登録馬で言えば… ディープインパクト産駒 ヴァンドギャルド、プリモシーン、サトノアーサー、プロディガルサン、ケイアイノーテックの5頭。 【過去成績】重賞成績は1-2-1-3。 レイエンダ(牡5) 【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)8番人気15着】 夏に行われたG3エプソムカップで初の重賞を獲得した、 レイエンダ。 東京コースで勝ったことはないですが、壁さえなければ堅実な脚でしっかり上がってきます。 差し馬の1枠1番プリモシーン、3枠6番レイエンダ、5枠9番レッドヴェイロンが続く。 【コメント】 ノーザンF系。

次の