いと へん かい。 偏(へん)の部首一覧

部首名一覧(読み方から検索)

いと へん かい

金 -• たとえば、「瓜部」は通常の明朝体活字の通りに画数を数えると6画になるが、康熙字典では5画の部首とされている。 飠 -• - ちち• 旡 -• 虫 -• 部首を用いて、の中からを探す手順は次のようになる。 ;竜 jp ; 龙 cn - リュウ• なつあし・すいにょう• ( へん):左の位置型。 瓦 -• ; 马 cn - うま、うまへん• ねずみ・ねずみへん 部首 14画•。 - わかんむり、べきかんむり• 石 -• 缶 -• たとえば「銅」の字は、左半分の金属を意味する「 釒」(、かねへん)を部首とすることが普通である。 舛 -• ほこ・ほこへん・むのほこ• 土 -• を使用するようになった現在でも、多くの字書では、部首が変形したものを本来の部首に所属させている。 ; 爫 - つめ、そうにょう、つめかんむり• - まだれ• - セイ、ショウ、いきる、うまれる• - しんのたつ• 甘 -• 例えば「亠部」の部首字の「亠」は漢字としては本来存在せず、検索の便宜上作り出されたものであり、「冂部」・「干部」・「爻部」なども部首字自体は象形文字だが、部首としては意符というよりも字形分類のために立てられている。

次の

TOP

いと へん かい

このような変形は幾つかあるが、「衣」部である「 衤」は、「ころもへん」と呼ばれるなど、名称にも変形前の痕跡をとどめるものが多い。 かわ・まがりがわ• おんな・おんなへん• 无 -• 例えば「更」は「丙」と「攴」の会意文字で、現在の字書には「丙」の部がないため本来「攴部」に入れるべきであるが、楷書の字形がもはや「攴」の原型をとどめていないので、字形によって「曰部」に入れているのである。 では、意味を表す部分が用いられることが多い。 みずから• 糸 -• - ショウ、ちいさい、しょうがしら、なおがしら• 字書で部首の索引を見、金偏(「金部」とも呼ばれる)の収録されているページに行く。 一方で、とされうる部分は、いくつかの変形がある。 屮 -• つの・かく・つのへん• かみがしら・かみかんむり• 「放」と「牧」: 「放」の字は「方」が音符なので意符は「攵」、したがって「攴部」に属する。 ひ・ひへん・にち・にちへん• ; 灬 - ひ、ひへん、れっか、れんが• 食 -• 犭 -• ほとぎ・ほとぎへん• かわら• - しこうして、しかして• くらべる・ならびひ• - ふね、ふねへん• また「GB13000. - かおり、カ 十画 [ ]• これは、普通「したごころ」と呼ばれる。

次の

部首が「かねへん」の漢字一覧

いと へん かい

襾・西• 例: 略は 田と各。 凵 -• 西 -• 例: 艶は豊と 色、 順は川と 頁 旁は)。 用 -• 子 -• - はこがまえ• 廾 -• くるま・くるまへん• ぎょうにんべん• - ほこ、ほこへん• +12画• 靑・青• - はな、はなへん• - とめる、とめへん• 「閥」と「聞」: 「閥」の字は「伐」が音符なので意符は「門」、したがって「門部」に属する。 例えば、「こざとへん・おおざと( 阝)」は康熙字典では3画に数え、日本でもそれを踏まえるが、現在の中国では2画とする。 夕 -• 五十音順に並んでいて、読み方から部首を検索できます。 のごめ・のごめへん• 漢字部首表 [ ] 部首の扱いを統一するため、1983年に「漢字統一部首表」草案が作られ、2009年に「漢字部首表」として正式に実施された。

次の

部首一覧:漢字辞典ネット

いと へん かい

あみがしら・あみめ・よこめ• 新字体に適した部首・画数の位置に配置を変更する。 けいさん・けいさんかんむり・なべぶた• 宀 -• (万=艸部9画、声=耳部11画、円=囗部10画)• ほう・ほうへん・かたへん• +7画• 糸(いとへん) スポンサードリンク 部首が 「いとへん」の漢字一覧です。 「貝」の簡体字「 贝」は、どの場所にあっても用いるが、この場合でも部首としての画数は7画のままのことが多い。 『』(542部首)、『』(540部首)などの字書は、親字がとなり、字解の内容も漢字の成り立ちでなく字義を中心としたものに変わっている。 かね・かねへん• :左右に分かれ位置する包み型。 夂 -• 片 -• えんにょう・いんにょう• 「牧」の字は「攵」が音符なので意符は「牛」、したがって「牛部」に属する。 刂 -• - スン• おおがい・いちのかい• ; 訁; 讠 cn - ことば、ゲン、ごんべん• やく・やくのふえ. また、中華人民共和国ではをとしており、例えば言偏は2画の「 讠」に書き換えられるが、偏でない単体の「言」や脚にある「誓」などの場合は7画の「言」のままとなっている。

次の

漢字の部首の種類と部首一覧表《読み方付》|つくり・かんむり・へん・あし など

いと へん かい

しかして・しこうして• いとまちプロジェクトとしても、『出来ることなら開催したい。 辶 -• - ひつじ、ひつじへん• 形声文字の部首は、その意符の部分とする、という原則よりも、所属文字わずか3字の「男部」を廃止し、結果として検索をより容易にしている。 行 -• 「志」の字の下側。 部首法における漢字配列 [ ] 今日の、すなわちにおける、漢字の分類・配列は、部首を軸とする方法が普通である。 各漢字の部首への所属は以下のような優先順序で決められる。 例えば旧字体が「萬」(艸部)であった漢字は新字体では「万」となり、「聲」(耳部)は「声」、「圓」(囗部)は「円」となった。

次の

部首が「いとへん」の漢字一覧

いと へん かい

例: 昼は尺と 日と一。 - あまい、カン• わかんむり• 阝 -• ;黒 jp - くろ• 部首分類の祖である『説文解字』も、の時代に部首を韻目順に並べ替えた『説文解字五音韻譜』が出るとたいへん広く使われ、一時は『説文解字』というとこの本のことを指すほどであった。 厂 -• 巾 -• - ふゆがしら、ちかんむり、のまたかんむり• 艸 -• 新字体の扱い [ ] 現在の日本では、・・のによって大幅に字形が変わった漢字がある。 舟 -• - した、したへん• 手 -• 覀 -• 屮 -• ます・まいあし• 无 -• しめす・しめすへん• 釆 -• - てん• 艹・艹• さむらい• 麦 -• 繞(nyou) [6]• おつ・おつにょう・つりばり• 力 -• ゆう・ゆうべ・た• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 廾 -• - ハチ、はちがしら• 谷 -• 風 -• 羽・羽• - あくび、かける、けんづくり• 漢字以外でも、部首による分類は、漢字と同じ字形要素を持つ、や、漢字を参考にして考案された、漢字圏にある、などでも行われる。 - しにょう、えだにょう、じゅうまた• - べんあし、かえる、ベン• +1画• ; 𧾷 - あし、あしへん• 貝部に属する部首で、左側に位置するとき「かいへん」と呼びます。

次の