新型 コロナ ウイルス 福岡。 北九州市内の状況(新型コロナウイルス)

新型コロナウイルス感染症ポータルページ

新型 コロナ ウイルス 福岡

また渡航先は中国意外にも、ハワイやアメリカからという場合も確認されている。 電話番号 0942-30-9335• 少しでも違和感を感じたら早めにご相談ください。 電話番号 0948-21-4972• 詳しくはをご参照ください。 代理申請が可能な方は、銀行にご相談いただきワンストップで融資をお申込みいただけます。 自宅待機中。 柳川市• - 福岡県 オンライン診療に対応している医療機関• 特別定額給付金に関連した詐欺に関する注意喚起チラシについて 国や地方公共団体の給付金・助成金を装った詐欺にご注意ください! 行政機関の職員を名乗る、行政から委託されたという業者などからの電話や訪問、心当たりのない送信元からのメールなど、あやしい・おかしいと思った場合は、迷わずに最寄りの消費生活センターや警察署等に相談しましょう。

次の

北九州市内の状況(新型コロナウイルス)

新型 コロナ ウイルス 福岡

詳しくは、をご参照ください。 このような場所を避けるよう求めています。 ~支給審査を優先するため、郵送受理時の控えについて返送致しません。 (「いつでも」「だれでも」「簡単に」できる体力チェック) 特に、高齢は外出機会が減り、健康を維持することが困難になるおそれがあります。 福岡で新型コロナウイルスに感染した男性は、2月13日に37. くしゃみや咳の飛沫を防ぐことができ、食品衛生の確保が可能である場合は、使い捨ての紙マスクである必要はなく、布マスクなどで代替しても差し支えありません。 福岡県• 胸部レントゲンで肺炎像。

次の

福岡県 新型コロナ関連情報

新型 コロナ ウイルス 福岡

詳しくは、をご覧ください。 給付率・給付上限額は下図の通り。 北九州市1名 福岡市4名、糟屋郡1名、北九州市4名 福岡市2名 6月13日(土曜日)、福岡県内でPCR検査を327 件(うち民間検査232件)実施し、822人目の患者の発生報告がありました。 田川市立病院• (6)濃厚接触者 なし。 また、一般的なお問い合わせに関しては、下記のコールセンターにしていただけますのでご利用ください。 健康を維持するために ~運動の機会を増やしましょう~ 在宅勤務や外出を控えることにより、運動量が落ちているケースが多く、メタボリックシンドロームなどが心配されます。

次の

ロイヤルホストなど70店閉鎖へ 新型コロナで急速に業績悪化|【西日本新聞ニュース】

新型 コロナ ウイルス 福岡

マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 福岡県消費生活センターでは、県民の皆さまからの消費生活に関する苦情相談をお受けし、その解決に向けた助言や情報提供などを行っています。 博多区 福岡市博多区保健福祉センター• (6)濃厚接触者 家族、介護スタッフ。 また、「ふくおかインターネットTV」では、福岡を代表するプロバスケットボールチーム「ライジングゼファーフクオカ」のオフィシャルチアリーダーRsunZにご協力をいただき、家の中でできる簡単な運動を動画で紹介しています。 なお、既に申請をお済みの方については、本窓口にてご相談をお受けすることができません。 国立病院機構大牟田病院• - 福岡県 福岡コロナ警報の各指標も• 詳しくは をご参照ください。

次の

新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)への対応について(6/11更新)

新型 コロナ ウイルス 福岡

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、「帰国者・接触者外来(県内44医療機関)」をご紹介しています。 自転車損害賠償保険等に加入しましょう。 - 福岡県• 電話番号 092-419-1091• 陽性確認日 年代等 その他 (4人) 累計383人 (383)30代男性 (382)20代女性 (381)20代女性 (380)20代女性 (2人) 累計379人 (379)20代女性 (378)30代男性 (1人) 累計377人 (377)30代男性 (1人) 累計376人 (376)50代男性 (1人) 累計375人 (375)70代男性 (1人) 累計374人 (374)50代女性 (1人) 累計373人 (373)90代女性 (1人) 累計372人 (372)20代女性 ・ 49 が勤務する病院の職員 (1人) 累計371人 (371)70代女性 ・ 25 の勤務先の入所者 (1人) 累計370人 (370)90代女性 (2人) 累計369人 (369)10代女性 (368)50代男性 (1人) 累計367人 (367)50代女性 (1人) 累計366人 (366)30代女性 ・ 49 が勤務する病院の職員 (1人) 累計365人 (365)30代女性 (2人) 累計364人 (364)50代女性 (363)30代女性 (1人) 累計362人 (362)40代女性 (2人) 累計361人 (361)20代女性 (360)50代女性 ・ 361 は 49 が勤務する病院の職員 (5人) 累計359人 (359)70代男性 (358)90代女性 (357)20代女性 (356)30代男性 (355)50代女性 ・ 357 は 49 が勤務する病院の職員 (4人) 累計354人 (354)80代女性 (353)50代女性 (352)20代男性 (351)20代女性 ・ 351 ・ 352 は 49 が勤務する病院の職員 ・ 354 は 25 の勤務先の入所者 (5人) 累計350人 (350)60代女性 (349)40代男性 (348)50代女性 (347)40代女性 (346)70代女性 (8人) 累計345人 (345)70代男性 (344)50代男性 (343)90代女性 (342)70代男性 (341)60代女性 (340)1歳未満男児 (339)10歳未満男児 (338)30代女性 ・ 344 ・ 345 は 49 が勤務する病院の患者 (7人) 累計337人 (337)80代男性 (336)30代男性 (335)50代女性 (334)90代女性 (333)60代男性 (332)70代男性 (331)30代女性 (6人) 累計330人 (330)50代女性 (329)70代女性 (328)80代男性 (327)50代女性 (326)20代女性 (325)30代男性 (8人) 累計324人 (324)70代女性 (323)100代女性 (322)80代女性 (321)80代男性 (320)60代女性 (319)50代女性 (318)20代男性 (317)40代男性 ・ 322 ~ 324 は 25 の勤務先の入所者 ・ 320 は 25 の勤務先の職員 (5人) 累計316人 (316)80代女性 (315)80代男性 (314)60代男性 (313)30代男性 (312)40代女性 ・ 315 ・ 316 は 25 の勤務先の入所者 (15人) 累計311人 (311)60代男性 (310)30代男性 (309)20代女性 (308)30代女性 (307)80代女性 (306)30代女性 (305)50代男性 (304)50代女性 (303)80代女性 (302)80代男性 (301)80代女性 (300)40代男性 (299)50代男性 (298)50代男性 (297)30代男性 ・ 301 ~ 303 は 25 の勤務先の入所者 (2人) 累計296人 (296)10歳未満女児 (295)30代女性 (6人) 累計294人 (294)60代女性 (293)50代男性 (292)40代男性 (291)60代女性 (290)50代女性 (289)50代男性 (13人) 累計288人 (288)60代男性 (287)30代男性 (286)70代男性 (285)70代女性 (284)20代女性 (283)30代男性 (282)40代女性 (281)50代女性 (280)30代男性 (279)30代男性 (278)40代女性 (277)70代女性 (276)50代女性 (10人) 累計275人 (275)70代男性 (274)60代男性 (273)80代女性 (272)70代女性 (271)20代女性 (270)30代女性 (269)50代男性 (268)70代女性 (267)40代女性 (266)20代女性 (15人) 累計265人 (265)70代男性 (264)50代男性 (263)80代男性 (262)30代男性 (261)80代女性 (260)30代男性 (259)80代男性 (258)50代女性 (257)20代男性 (256)30代女性 (255)20代男性 (254)50代男性 (253)10歳未満男児 (252)50代男性 (251)40代男性 (17人) 累計250人 (250)50代男性 (249)50代女性 (248)40代女性 (247)20代女性 (246)70代男性 (245)60代男性 (244)30代男性 (243)40代男性 (242)30代女性 (241)50代女性 (240)50代男性 (239)60代男性 (238)30代男性 (237)60代女性 (236)30代女性 (235)30代女性 (234)20代女性 ・ 249 は 25 の勤務先の職員 (17人) 累計233人 (233)60代男性 (232)20代女性 (231)60代女性 (230)60代男性 (229)90代女性 (228)40代女性 (227)20代女性 (226)10代男性 (225)10代男性 (224)20代男性 (223)60代男性 (222)20代男性 (221)30代女性 (220)30代男性 (219)20代女性 (218)50代男性 (217)30代男性 ・ 229 は 25 の勤務先の入所者 ・ 230 ~ 233 は 25 の勤務先の職員 (4人) 累計216人 (216)30代男性 (215)50代男性 (214)60代男性 (213)60代女性 ・ 214 は 25 の勤務先の入所者 (11人) 累計212人 (212)50代女性 (211)80代女性 (210)50代女性 (209)20代女性 (208)50代男性 (207)50代男性 (206)60代女性 (205)60代男性 (204)20代女性 (203)80代女性 (202)30代男性 ・ 203 211 は 25 の勤務先の入所者 (25人) 累計201人 (201)20代女性 (200)70代男性 (199)30代男性 (198)60代男性 (197)20代男性 (196)50代男性 (195)60代男性 (194)60代男性 (193)20代男性 (192)30代男性 (191)30代男性 (190)40代男性 (189)30代男性 (188)50代男性 (187)30代女性 (186)40代男性 (185)50代女性 (184)80代女性 (183)60代男性 (182)30代女性 (181)20代男性 (180)40代男性 (179)50代男性 (178)40代男性 (177)40代男性 ・ 201 は 49 が勤務する病院の職員 (26人) 累計176人 (176)20代女性 (175)40代男性 (174)70代女性 (173)60代男性 (172)80代女性 (171)50代女性 (170)80代女性 (169)80代男性 (168)90代男性 (167)80代男性 (166)30代女性 (165)30代女性 (164)20代女性 (163)90代男性 (162)80代男性 (161)80代男性 (160)70代男性 (159)20代男性 (158)40代男性 (157)40代男性 (156)30代女性 (155)40代男性 (154)60代男性 (153)70代男性 (152)30代女性 (151)40代男性 ・ 162 163 は 25 の勤務先の入所者 ・ 164 ~ 166 は 49 が勤務する病院の職員 ・ 167 ~ 170 , 172 は 49 が勤務する病院の患者 ・ 171 は 25 の勤務先の職員 (14人) 累計150人 (150)20代男性 (149)40代男性 (148)50代男性 (147)90代男性 (146)80代男性 (145)50代男性 (144)30代男性 (143)80代女性 (142)70代男性 (141)40代男性 (140)50代男性 (139)40代女性 (138)100代女性 (137)80代女性 ・ 150 は 49 が勤務する病院の職員 ・ 145 ~ 147 は 25 の勤務先の職員・入所者 (17人) 累計136人 (136)30代男性 (135)40代男性 (134)40代男性 (133)50代男性 (132)50代男性 (131)30代女性 (130)50代男性 (129)30代男性 (128)60代女性 (127)70代男性 (126)30代女性 (125)30代男性 (124)40代男性 (123)30代女性 (122)20代男性 (121)50代女性 (120)60代男性 ・ 136 は 49 と同一の病院の職員 (16人) 累計119人 (119)20代男性 (118)40代男性 (117)50代男性 (116)40代男性 (115)50代男性 (114)40代男性 (113)70代男性 (112)50代男性 (111)60代女性 (110)40代女性 (109)30代女性 (108)70代男性 (107)40代男性 (106)70代女性 (105)40代女性 (104)70代女性 ・ 110 は 25 の勤務先の職員 (9人) 累計103人 (103)40代男性 (102)60代女性 (101)70代男性 (100)30代女性 (99)50代男性 (98)60代男性 (97)90代男性 (96)60代男性 (95)30代男性 ・ 103 は 49 が勤務する病院の職員 (13人) 累計94人 (94)70代女性 (93)90代女性 (92)80代女性 (91)80代男性 (90)40代男性 (89)30代女性 (88)40代女性 (87)50代男性 (86)40代男性 (85)50代男性 (84)20代男性 (83)80代女性 (82)20代女性 ・ 91 ~ 94 は同一の老人ホームの入居者 (26人) 累計81人 (81)70代女性 (80)20代女性 (79)20代女性 (78)20代女性 (77)20代女性 (76)20代女性 (75)30代男性 (74)30代女性 (73)40代女性 (72)20代女性 (71)60代女性 (70)20代女性 (69)60代男性 (68)80代女性 (67)50代男性 (66)40代男性 (65)10歳未満男児 (64)10歳未満男児 (63)40代女性 (62)1歳未満男児 (61)50代男性 (60)40代男性 (59)50代男性 (58)30代男性 (57)30代女性 (56)1歳未満女児 ・ 68 , 72 ~ 81 は 49 と同一の病院の職員・入院患者 (15人) 累計55人 (55)30代男性 (54)30代男性 (53)50代男性 (52)30代男性 (51)30代女性 (50)40代男性 (49)20代男性 (48)50代男性 (47)50代男性 (46)50代女性 (45)30代男性 (44)60代女性 (43)60代女性 (42)50代男性 (41)60代女性 (12人) 累計40人 (40)20代女性 (39)40代男性 (38)70代男性 (37)90代女性 (36)80代男性 (35)70代女性 (34)70代男性 (33)80代男性 (32)90代女性 (31)50代男性 (30)30代女性 (29)60代女性 ・ 33 ~ 40 は 25 と同一介護施設の入居者・職員 (5人) 累計28人 (28)70代女性 (27)30代女性 (26)60代男性 (25)40代女性 (24)70代女性 (5人) 累計23人 (23)30代男性 (22)50代男性 (21)40代男性 (20)40代男性 (19)60代男性 (2人) 累計18人 (18)1歳未満女児 (17)20代女性 (3人) 累計16人 (16)30代男性 (15)60代男性 (14)50代女性 (4人) 累計13人 (13)70代男性 (12)60代男性 (11)30代男性 (10)30代男性 (3人) 累計9人 (9)20代男性 (8)40代男性 (7)20代男性 (2人) 累計6人 (6)20代男性 (5)50代男性 (1人) 累計4人 (4)40代男性 (1人) 累計3人 (3)30代女性 (2人) (2)60代女性 (1)60代男性. 電話番号 092-851-6012• ・818例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 6月3日 水曜日 咳あり。 このため、アルコールが不足している場合は、工程を検討し、消毒を行う必要がある工程において適切に消毒を行うようにしてください。 感染力 感染力は事例によって様々です。

次の

新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル

新型 コロナ ウイルス 福岡

筑後市立病院• 共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベット柵など)は薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。 (食事や寝るときも別室としてください。 - 福岡県• 詳細は、をご参照ください。 医療法人西福岡病院• (新しいウインドウで開きます)• 電話番号 0940-36-6098• ここから感染症指定医療機関を受診することになり、2月20日に新型コロナウイルス感染が確定したとのことだ。 小郡市、うきは市、朝倉市、筑前町、東峰村、大刀洗町 北筑後保健福祉環境事務所 帰国者・接触者相談センター• やのウェブサイトから、予防対策や感染が疑われる場合の対応方法をまとめました。 ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合、家族内でご注意すべきこと~8つのポイント~ 【1.部屋を分けましょう】• 南区 福岡市南区保健福祉センター• 死亡者数は100人となり、中国全土では、感染者は4000人を超える規模となっています。 次の症状がある人は「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

次の

福岡県(補助金・助成金・融資情報)

新型 コロナ ウイルス 福岡

6月中間の連結は売上高が当初予想の664億円から41・3%減の390億円、は6億円の黒字から145億円の赤字に陥る見通しにそれぞれ修正した。 気温、湿度の高い中でマスク着用は要注意• (3)現在の状況 軽症。 6月10日 水曜日 B医療機関受診し検体採取。 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)• 『福岡市内では初めて、新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。 古賀市• (共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気しましょう。 「ふくおか健康づくり県民運動」のサイトでは、「」(新しいウインドウで開きます)を紹介しています。

次の

新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル

新型 コロナ ウイルス 福岡

一方、北九州市では、5月23日以降、非常に厳しい感染状況が続いており、本日も26名の感染が確認されています。 FAX番号は、03-3595-2756です。 交通ルールやマナーを守り自転車の安全利用に努めましょう。 その結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介します。 電話番号 092-322-5579• 筑紫野市• 直方市• 国、県、市が連携して、北九州市の感染状況を打破して、県内に波及しないように、徐々にコロナと向き合い、社会経済活動のレベルが上がっていくようにもっていきたい」と述べました。 3.国の「持続化給付金」を申請していないこと。 小川本部長は「新型コロナウイルスとは長く向き合っていく戦いになります。

次の