と ある if オティヌス。 【画像】とある魔術の禁書目録のオティヌス強すぎワロタwwww

【とあるIF】【朗報】オティヌス未凸とオティヌス5凸を比較した結果wwwwwwwwwwwww

と ある if オティヌス

『とらドラ! 『理解者』が欲しかった。 ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 珱嗄がアイテムに加入してしまったことにより、暗部にいる実力者の大部分が珱嗄に丸め込まれてしまった。 2014年、テレビアニメ『超電磁砲』とのコラボレーション企画が行われた。 ここはオティヌスの元の世界から、どれくらいの位相を挟んだ世界なの?」 「…………さぁな。 も驚く野太い声でエセ関西弁を話す、長身の自称関西人。 2014年4月13日閲覧。

次の

#新約とある魔術の禁書目録 #オティヌス 幸せある『理解者』

と ある if オティヌス

相打ちになる形で落下した先で自身が結婚式を挙げた小さな教会でオルソラに再会し、彼女との対話を経て大嫌いな十字教の神様の力を借りることを決意、メイザースとの一対一の殴り合いでは意図的にを作り出すことで空間に莫大な力を満たして「黄金」たちが形を保てないようにして勝利する。 ただし、これは対一方通行の能力専用の戦法であるため、一方通行が能力を使用できなくなると、自身の戦法も無効になってしまう。 の中でオティヌスは、のか、自身が望むかを選ぶことになる。 暗部組織間抗争では「アイテム」との戦闘で浜面を追い詰めたりしたが、一方通行との戦いでは能力が無意味な相手と考え、垣根に任せて戦線離脱する。 掌サイズとなってしまった少女。

次の

とある魔術の禁書目録

と ある if オティヌス

そこへ「グレムリン」の魔術師が現れる。 元のに戻るのは手段であって的ではなく、がただ孤独な存在だったことも示唆されている。 学園都市の科学者。 そこで現れたミナ=メイザースを名乗る女性の誘いで、上条は「人間」アレイスター=クロウリーの軌跡を経験。 の主導者であり、その目的完遂のためにフレメア殺害を目論み、その障害になる新生「アイテム」を人食ゴキブリを使って襲撃する。 第1弾(上条と魔術サイドのシスターたち):上条、インデックス、建宮、オルソラ、アニェーゼ、ルチア、アンジェレネ、ビアージオ• 尋問には非常に便利な能力であるほか、例えば、近しい人物相当にまで距離を縮められてしまえば攻撃ができなくなり、さらに、それ以上の関係に近づけることで、相手の本心を能力で塗り潰すこともできる。

次の

とある魔術の禁書目録

と ある if オティヌス

長身・茶髪で予備生+新人のような風貌の少年。 当たり前のようにそこにいる誰かに。 語尾に「ね」をつけて話す。 「かつてになるはずだった……そして、 隻眼のオティヌスにその座を奪われた、惨めなだよ」 会話のみ既に新約第3巻で出ており、実際に達の前に姿を見せたのは新約第4巻からとなる。 新約22巻 リバース コロンゾンとの戦いの後、上条・インデックス・美琴・食蜂はウィンザー城での祝賀会に招かれる。 ひとえに「人はに勝てない」と思わせるには充分なのだろう。 諦めないか、諦めるか。

次の

【とある魔術SS】オティヌス「私は」【上条当麻】

と ある if オティヌス

の許容量 キャパシ では、限という言葉で表すしかないのを受け入れられなかったのである。 黒子とは小学校の頃から「風紀委員」としての付き合いを持ち、主にオペレーターとして、情報の収集・伝達等で黒子達のバックアップを担う。 どちらの判断が下ろうとも、オティヌスはこれ以上世界をかき乱す気はない。 能力は「 念動能力(テレキネシス)」。 が、目の前にいる神様がそれを許してくれるはずもなく、さっさと処理しろと威圧感を放ってくる。

次の

オティヌス(とある魔術の禁書目録)

と ある if オティヌス

体内の電気信号を操作することも可能で、それを利用すれば1週間ほど飲まず食わずでも生存可能らしい。 -- 名無しさん 2015-05-26 00:39:41• それを眺めては癒され、そしてテーブルの上に鎮座する試練の山を見て。 。 」 最終において回の死をしたは、『』から放たれた矢の最後の1本を『』で強引に逸らし、遂にオティヌスのもとに辿り着いて『化』を解除する。 のスマートフォン用ゲームアプリ。 『超電磁砲』にも登場。

次の

オッレルスとは (オッレルスとは) [単語記事]

と ある if オティヌス

戦闘ではを使うが、鞭で敵を節がある。 オティヌスは、首を縦に振った。 本作のもミの ミーの に眼をげた「の老人」だし、彼の数々の異名や伝承に残る、並びにそれらの異なる解釈も全てが史実として扱われている。 なお、超能力者に魔術が使えないなどの制限から分かるように、両者は基本的に相容れない。 グループの連絡係 声 - 都市の暗部組織「グループ」の上役を務めていた男性。 ガタン、と持っていたカバンを床に落とした上条は、教室の中央にてこの悪趣味全開の宴を主導している土御門元春を見た。

次の