グクテテ pixiv。 #グクテテ “グクテテ”

#グクテテ #テテ 魅惑の媚薬で魅了して。

グクテテ pixiv

end. グクは教室の外で俺を待っている。 その様子を見ていて、ユンギヒョンは腕組みしながらため息をついた。 そして、多分疲れてる俺を心配してくれている。 「、うぅ、、ぼくはっ、グク専用肉便器れすっ、、!きんたまとぉ、おちんちんもっと、いじめてぇ…!!」 少し違ったけど可愛いから許すか。 (俺なんて筋肉が付きまくって、がっちりしちゃってるのにな) 「グクの体ってさ、すごく男らしいよね」 「そ、そりゃ…男ですし。 えっ ?」 その瞬間、ドサッと勢いよくベッドに体を下ろされる。

次の

r18 #bl elpisoazul.upnvirtual.edu.mx — bear

グクテテ pixiv

すると、ジョングクはブッと吹き出して再び肩を揺らした。 その上を覆いかぶさるようにして、ジョングクが手をついた。 それ以上に思っているが、嘘じゃない。 部屋に入った途端、グクは俺をベットに放り投げた。 だから、たまにはこんな"特別"な時間も 悪くないのかもしれない。 でも、難しく考えてると言われても、どうしたらいいかわからない。 「ジミナ、ありがとう。

次の

BTS妄想小説 🐰🐯 kook.v (グク/テテ)【 危機感の問題 】

グクテテ pixiv

「ここじゃ…」 冷たい床の上、背中が痛いとテヒョンはジョングクの手をキュッと握り訴える。 なんか、心細いっていうか……寂しい」 「……いいですよ」 (その先がどうなっても知りませんからね) ヒョンの熱で温められた布団に潜ると、俺まで一気に熱が上がる感じがした。 そっと腕を伸ばして、ヒョンの背中を抱き寄せる。 こうなれば徹夜コースは免れないだろう。 俺もやり返しら、そこからはくだらないじゃれあいになった。 首を横にぶんぶん振りながらさっきよりも激しく暴れだした。

次の

#グクテテ 愛してるの意味

グクテテ pixiv

舌をグッと噛まれ、やっと唇が離された。 空気とsexでもしてんのかってぐらい空に向かって腰を突き上げている。 グガはいつもくれるのにって。 ごめんねの意味だ。 要するに俺がジョングクを好きになってしまったからだ。

次の

#グクテテ “グクテテ”

グクテテ pixiv

「冷たくしてたわけじゃないんだけど…でも、…うん。 そして扉を閉じる直前に、背中をボリボリとかいていた手を止めて『愛してる』を俺に送ってから扉を閉めた。 人を好きになることがこんなに苦しいとは教わらなかった。 普段からあんなに体を使っているのに、彼の肉体は驚くほどしなやかだ。 ガクッと俺の力が抜けてしゃがみ込んだとき、リフトが上がっていく。

次の

#グクテテ #BTS 会話

グクテテ pixiv

…名前は知らないけど。 俺は強くいられる) 改めてテヒョンヒョンの熱い体を抱きしめ、俺は目を閉じる。 えろかわいい。 ハンドサインが送れなくなったのは、俺の愛してるが違うものになったから。 「へぇ…?」 「おわっ」 トンっと軽く肩を押され、俺はいとも簡単にベッドへ沈む。

次の

BTSのBL(R18)

グクテテ pixiv

ヒョンだって男でしょ」 「そうだけど。 「ごめんね、ヒョン。 「ちょうど良かった。 と言っても、隠すべきところはちゃんと隠れている。 俺だってテヒョンにご飯作ってやりたいですよ」 「……仕方ない……じゃあ、丁寧にやるんだぞ」 「わかってますよ!」 言った途端、まだ皮がついたままの玉ねぎがスターンと二つに切れた。 さっきまで全然だった眠気が 途端に押し寄せてきた。

次の