ヨクバリス 強い。 ヨクバーン構築(ヨクバリス+デスバーン)とその育成論

【ジムバトル優勝デッキ】ヨクバリス/ジュナイパーデッキレシピ 【ポケカ】

ヨクバリス 強い

からげんき(ロトム系のでんじはや鬼火で弱体化を狙われることが多いので。 わざ:はらだいこ・アイアンヘッド・からげんき・DDラリアット カビゴンは特防は種族値110と高いものの、防御種族値は65と紙なので物理防御をガチガチにします。 ヨクバリスを使ったことがないトレーナーははらだいこヨクバリスがわかりやすく強いのでおすすめです。 TR10 じめん じしん 物理 威力100 命中100 PP10 相手がわざ「あなをほる」で地中にいても攻撃が当たり、わざの威力が2倍になる。 DDラリアット(なにかの間違いで防御を積んだアーマーガアに。

次の

【ジムバトル優勝デッキ】ヨクバリス/ジュナイパーデッキレシピ 【ポケカ】

ヨクバリス 強い

オーバーヒート(Cぶっぱなのでかえんほうしゃでこと足りますが、CをBにふるなど調整したときに)• クリアスモッグ(別戦術で採用したときのストッパーとして使う場合) カビゴンの型• まずジュラルドン。 TR39 かくとう ばかぢから 物理 威力120 命中100 PP5 自分の「こうげき」と「ぼうぎょ」が1段階ダウン LV. また、ミトムなど特殊弱点と対面したときにシャンデラ対面はボルトチェンジが多いですがデスバーンはボルトチェンジを無効化することからハイドロポンプで落としにくることも多いです。 裏との相性次第で負ける ダイウォールの使える... 2ターン目にはHPマックス+攻撃6段階上昇のヨクバリスがうまれます。 また、物理攻撃種族値も95ありカビゴンの110よりは低いものの、結局はらだいこ(6段階上昇=威力4倍)してしまえば誤差レベルの超火力になるのであまり気になりません。 耐久を上げつつ、ダイアイスのあられできあいのタスキ持ちを潰して全抜きを狙いましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ヨクバリスの育成論と対策【実は高種族値広技範囲のきのみデスマシーン】

ヨクバリス 強い

裏次第で耐えられて弱保からの全抜きがある 襷持ちの... また追い風ミラーの切り返し用にを採用しています。 ダルマヒヒダルマは高速アタッカーになるので、トリックルームを打たなくていいのがいいところですが、耐久が紙なのですばやさが上を取られる相手に即やられてしまうのが難点です。 デッキに草エネが採用されていないことからこの動きのみを目指しているのが見て取れます。 ポケモン通信の方がスーパーボールよりも強いはず。 TM97 あく ぶんまわす 物理 威力60 命中100 PP20 通常攻撃 No. 更にはほおばるやたくわえる等で粘り強さを上げ、いかりのまえばやほしがるで嫌がらせを仕掛けてくる。 命中を取るか火力を取るかでお好みの方を選択してください。 また、ミミッキュのじゃれつくに合わせてサニーゴやドヒドイデなどの、同じく受け型のポケモンにも繋ぎやすかったり、ゴーストにこだわったポケモンにも簡単に投げられる。

次の

【ポケモン】ヨクバリス、デザインが微妙にブサイクな上に木の実持ってかれてムカつくwww : あにまんch

ヨクバリス 強い

ックスには無効なので要注意。 というわけで今回はヨクバリスがテーマです。 どろぼうよりも威力が高い。 115• ものひろい研究の道はまだまだ険しい…。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 ほおぶくろオボンでリカバリも可能。 特殊技に弱いとは言え、弱点はかくとうタイプのみなので、堂々と立ち回れるのが強み。

次の

【ポケモン剣盾,ダブル】ものひろいループ!無限ヨクバリス【シーズン1】

ヨクバリス 強い

よかったら試しに使ってみてください。 TR99 ボディプレス 威力80 命中100 PP10 自分と相手の「ぼうぎょ」によってダメージ量が決まる. あくびカバルドン:シャンデラのしんぴのまもり。 わざ:トリックルーム・おきみやげ・シャドーボール・かえんほうしゃ れいせい逆V(評価ダメかも)の最遅にすることで無振り56族と同速になります。 00 ノーマル ほしがる 物理 威力60 命中100 PP25 自分がどうぐを持っていないとき相手のどうぐを奪える。 また、USUMから習得したサイドチェンジをたまに見せることで、相手に択を押し付けることもできます。 09 ランスは好きだけど、火力を求めて別武器に浮気しちゃう。 相手の攻撃を耐えつつはらだいこやつるぎのまいを積み、減ったHPはきのみでほぼ全回復することで、次ターン以降の高火力で殴り勝つ。

次の

ヨクバリス育成論 : 物理受けミミカス潰しヨクバリス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヨクバリス 強い

馬鹿力と選択。 ほしがるについては、きのみ発動後 ヨクバリスの仕事終了後 にナットレイ、ドヒドイデといった受け型ポケの割合回復アイテムを奪ったり、スカーフや突チョなどの強化アイテムをひったくることもできるため、採用も有り得なくはない。 つまり、オボンのみが発動するタイミングでHP満タンにできるということです。 また今回私が採用した物理型、 最近増えてきている特殊型、 でんじはやおにびなどで相手を弱体化させる型、 リフレクターなどを貼り後続を助けるサポート型など とにかく できることが多いのがこのの強みだと思います。 ヨクバリスはA95で6段階アップなので等倍で余裕な対面が多く無効、半減に対する不一致抜群をとることで安定して受けきれなくなり、あと投げならも突破できるのでこの技選択にしています。 はたきおとす(オボンのみで回復できずカビゴンの耐久が下がる)• ただし、トゲキッスはジャイロボール、サザンドラはボディプレスで弱点を突かれるので出来るだけ最後の削りに使いたい。 おすすめはかえんほうしゃとシャドーボールで、シャンデラカビゴン構築以外の選出をするときにも役立つ場面が多かったです。

次の