艦 これ あ 号 作戦。 あ号作戦 ウィークリー任務効率化編成例【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

艦これ 「い号作戦」任務消化におすすめ海域(ウィークリー任務攻略)

艦 これ あ 号 作戦

、p119• , p. 、pp116-117• 11月13日、大本営陸軍部はレイテ決戦方針の堅持を現地陸軍に伝達し 、大本営陸軍部・海軍部はさらに増援部隊の派遣を計画していると述べた。 , pp. その結果ニュージョージア島ムンダ地区、島 ()は3月5日、連合軍艦船により艦砲射撃を受け、同日コロンバンガラ島へ輸送作戦を実施していた日本海軍駆逐艦、は、少将率いる第17任務部隊に襲撃され、全滅する事態となった()。 そのため、足柄は搭載魚雷を投棄せざるを得なかった。 草鹿達と共にマニラに出張していた中佐(海軍大将長男)は、12月26日に比島上空で戦死したという。 関連項目 [ ]• 『 連合艦隊・名指揮官の生涯 戦場の将器 木村昌福』光人社、1997年12月。 378-380「金剛」および「信濃」の撃沈• こういった結果は予測できたものとして、計画者の長官を批判する意見もある。

次の

艦これ2期ウィークリー任務「あ号作戦」「い号作戦」「ろ号作戦」消化のためのオススメ海域や編成・装備・陣形を紹介します

艦 これ あ 号 作戦

木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。 (米国公刊戦史)• 当時、(司令官少将)の2隻(〔旗艦〕、)も第二遊撃部隊に所属しており、カムラン湾に停泊していた。 日本陸軍航空隊はの航空基地から出撃していたが、同地もP-38やB-24の空襲に晒され地上で損害を出した。 空母1,軽巡1,駆逐4と編成し、初手Bにいった場合は撤退すると いった構成も有効です。 またセブ島の第三十三根拠地隊 向けの甲標的2隻を載せた輸送艦第9号も途中まで同行した。 217-221頁• い号作戦の本命である空母20隻ですが、 大体はと同時進行できると思うため、 あ号作戦を考慮するかどうかで海域が変わってきます。 『重い飛行機雲 太平洋戦争日本空軍秘話』、1999年。

次の

ろ号作戦 ウィークリー任務効率化編成例【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

艦 これ あ 号 作戦

, pp. 250-252. 3月22日、日本陸海軍は「南東方面作戦陸海軍中央協定」を結び、陸軍は同日付で大陸指第1465号を、海軍は25日に第三段作戦方針指示と大海指第213号をもってニューギニア方面・ソロモン諸島方面に対する新規作戦方針を示した。 3-3 正規空母2隻以上・空母+戦艦3隻以上・駆逐+海防艦1隻以下 何れかの条件を満たして、【ACEG ボスM 】の道中3戦+渦潮で撤退します。 その結果、オルモック突入時の船団は以下の通りとなった。 志摩清英中将など第五艦隊司令部は、前日よりマニラ陸上の南西方面艦隊司令部を訪問しており(偶然、伊藤整一軍令部次長と遭遇) 、無事だった。 10月29日、によりレイテ島増援輸送作戦 多号作戦が発動される。 同日、及川軍令部総長は昭和天皇への戦況奏上の中で「第一水雷戦隊司令官ノ指揮スル駆逐艦六隻、海防艦四隻及輸送船三隻ヨリ成リマスル多号作戦第四次輸送部隊ハ 第二六師団主力ヲ乗艦セシメ本日『マニラ』出港 明日午後『オルモック』ニ突入致ス予定デ御座イマス」と説明した。

次の

艦隊司令部(椿) ~艦隊これくしょん情報ブログ~ : 【艦これ】 あ号作戦/任務

艦 これ あ 号 作戦

重巡洋艦「熊野」」『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』光人社〈光人社NF文庫〉、2013年6月(原著1988年)。 14日には、海軍側も第10次作戦の中止を決定し 、ここに多号作戦は終了した。 おすすめ優先度は、2-1>1-4>>>2-2>2-3です 2-1,1-4は確定で空母と出会えるため、おすすめです。 493頁「船団攻撃の続行」• 、pp227-228• 297-307頁 当時「桑」一番高角砲射手・海軍上等兵曹山本貢『小さな勇者「桑」オルモックに死すとも 瑞鳳直衛の比島沖海戦をへて七次多号作戦に果敢な砲戦を演じた勇者の最後』• 42-43ソロモン群島の防衛• 29日、信濃はアメリカ軍潜水艦 の雷撃で沈没した。 429-430頁「方面軍幕僚にレイテ地上決戦断念意見擡頭」• (戦闘回避) B:敵偵察艦隊 1 重巡リ級、軽巡へ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 単縦 0 2 軽巡へ級、軽巡へ級、駆逐ハ級、駆逐ハ級 単縦 0 3 重巡リ級、軽巡へ級、駆逐イ級、駆逐イ級、駆逐イ級 単縦 0 C: 鋼材 D:敵偵察艦隊 1 重巡リ級、軽巡へ級、駆逐イ級、駆逐イ級、駆逐イ級 複縦 0 2 重巡リ級、軽巡へ級、駆逐ロ級、駆逐ロ級 複縦 0 3 軽巡へ級、軽巡へ級、駆逐ハ級、駆逐ハ級 単縦 0 E: 弾薬 F: 敵影を見ず。

次の

「あ号」「ろ号」「い号」作戦攻略 ~出撃候補と一月一回本気作戦~

艦 これ あ 号 作戦

現地陸海軍部隊は、第四次輸送部隊を8日に、第三次輸送部隊は第四次輸送部隊のマニラ帰着後に出発させることに決する(NSB機密第08310番電)。 そのため参謀本部では現地第8方面軍に対して、12日には補給の現状と今後の見通しについての問い合わせが、14日には海軍の航空作戦に呼応して積極的に輸送作戦を実施するよう督促が発せられた。 従来どおりレイテ地上決戦を進めること 、そして「 五 情況ニ依リテハ水上艦艇ノ突入作戦ヲ実施ス 現在南西方面ニテ行動可能ノ海上兵力ハ戦艦二隻、巡洋艦三隻、駆逐艦八隻 十二月中ニ 二隻増勢ノ予定 デ御座イマス 局地海上兵力ノ現状ハ別表〔略〕ノ通デ御座イマス」と奏上し、水上艦艇による突入作戦について言及した。 【期間限定ドロップ】• 1213日19時0分、2隻(桐・140号)はマニラに帰着した。 この頃、南東方面の日本海軍基地航空部隊は練度低下、器材搭乗員の損耗ともに激しく、夜間少数機で行っていたの夜間爆撃すら実施困難となり、のがそれを肩代わりする事態に陥っていた。 、及川古志郎軍令部総長は昭和天皇に第一師団輸送計画について奏上する。 375-377頁「大本営の比島地上決戦方針転換と杉田大佐以下の派遣」• 7日10時0分以降、擱座・揚陸を始めた。

次の

艦隊司令部(椿) ~艦隊これくしょん情報ブログ~ : 【艦これ】 あ号作戦/任務

艦 これ あ 号 作戦

今後の作戦では「による必死必殺の戦法」を主力とすることになった。 Army. 夜戦終了後、桐は澤村司令の命令によりパロンポンに戻り、桐便乗中の陸兵(沈没船生存者)を揚陸した。 攻撃隊は9時ごろポートモレスビー上空の手前から連合軍機44機の邀撃を受け、その後9時25分頃から爆撃開始、おおよそ12時30分頃に帰着した。 は、4月7日のX攻撃については「アメリカ軍の攻勢準備のスケジュールを約10日間遅滞せしめた」と記し 、また11日以降に始まるY攻撃に関しては「艦砲射撃のない航空戦力は航空支援のない艦艇と同様に効果がないことを証明した」 と両航空作戦を評価している。 第二水雷戦隊司令官木村昌福少将は、旗艦を駆逐艦朝霜から軽巡洋艦に変更した。

次の