アジサイ 植え 替え。 ヤマアジサイの育て方

山アジサイの植え替えと育て方

アジサイ 植え 替え

病気や害虫の被害は 山アジサイに被害を与える害虫はアブラムシやコウモリガ、そしてハダニの被害が春先から夏、晩秋にかけて発生します。 鉢植え 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。 失敗が少ないのは花後と秋の2段階の剪定。 あるいは菊鉢と呼ばれる鉢だと、寸胴な形なのでたっぷりと土が入るのでお勧めです。 できる限り花が裏返ったら剪定を早めに行います。 例えば、母の日にもらった アジサイの鉢植えを庭に植え替える場合、その時期は、花が終わった7月から9月頃がおススメです。 アジサイの苗の鉢植えの時期と方法は? アジサイの苗は1年中購入できますが、苗を植えるのに最も適した時期は 3~4月頃、もしくは 9月頃です。

次の

アジサイ 鉢植えの植え替え

アジサイ 植え 替え

用土 植え替えの用土 紫陽花が本来好む土壌酸度は弱酸性ですが、実際は幅広い土壌に適応します。 アジサイの花と葉っぱには、上からジャージャーシャワーのように水をかける必要があります。 多くの根が見えている場合や、根詰まりで水はけが悪くなっている場合は、 急を要するので一回りか二回り大きい鉢に植え替えます。 ふやし方 さし木:その年に伸びた枝が堅くなる6月上旬から7月下旬に、枝を2~3節で切り取ります。 害虫:ハダニ ハダニが発生すると葉が茶色に変色し、ひどい場合は落葉します。

次の

ヤマアジサイの育て方|植え替え時期や剪定方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

アジサイ 植え 替え

購入してからすぐに植え替えても良いですが、 まだアジサイ栽培に慣れていないのであれば、 花が終わってから、剪定と同じ時期に植え替えをするのが安心です。 鉢植えの場合は、風の当たらない場所に避難して下さい。 水を切らさないように明るい日陰で管理します。 庭植の場合 基本的には必要ありませんが、 植え付けてすぐでまだ根が十分に育っていない時期や、 雨が降らない日が続いたときは水やりが必要です。 ヤマアジサイの置き場所 ヤマアジサイを育てるならば、鉢植えにするより庭植えや地植えがおすすめです。 火山性の土が多く降水の多い日本の山野はほとんど弱酸性を示しています。

次の

アジサイの育て方 地植えや鉢植えの方法は?肥料や水やりについても☆

アジサイ 植え 替え

花が咲き終わった 7月下旬~9月頃を目安に、一回り大きな鉢に植え替えましょう。 また、表面上は根詰まりしていないように見えても、 水を与えてもすぐに水切れする場合は、根詰まりを起こしている可能性があります。 花芽形成後の剪定は注意しなめればなりません。 隙間があると、水やりにより根が崩れてしまい、枯れる原因になります。 したがって、「集真藍(あずさい)」という紫が集まったものという意味の読み方が訛って、アジサイになった説がもっとも有力です。 増やしたい分の挿し穂を作りましょう。

次の

アジサイの育て方|地植えのアジサイの植え方やお手入れ方法

アジサイ 植え 替え

(よく見るとそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができている。 栽培に失敗したのではありません。 花期になると分枝した枝の頂部に、径10~20㎝程度の花序を形成し、多数の花を咲かせます。 鉢植えあじさいは、 「密閉挿し」という方法で挿し木を行いましょう。 そんな場合は、アジサイに比べて鉢が小さめにセットされています。 通常は6月~8月の開花時期はさけて植え替えます。

次の

アジサイの植え替え 地植えや別の鉢に移動する方法と剪定のコツ

アジサイ 植え 替え

そして花芽を充実させ開花に備える季節の1月頃に与えます。 1号大きいものに変えるくらいがベスト。 芽が出てくるまで十分水やりをします。 挿し木の適期は5月から6月ごろで、 その年に出てきた 新芽が青いうちに摘み取ります。 鉢が小さいとのこと、根詰まりの可能性もありますが、過湿になっているので、根はそれほど成長していないことが考えられます。 また、春先から少量の苦土石灰を株元に施して土質をアルカリ性にします。

次の

アジサイ【ダンスパーティー】の育て方

アジサイ 植え 替え

うどんこ病 うどんこ病は、葉や花が粉をまぶしたように白くなる病気です。 いつもは日向に置いて管理している株であっても、 植え替えた後は明るい日陰などで管理します。 【ピンク色のアジサイ】 ピンクのアジサイにしたい場合は アルカリ性が強い土を作ります。 次に、隙間がなくなるよう、しっかりと土を入れてください。 ここまで完了したら、たっぷりと水やりをしておきましょう。 西日が強い場所では葉が焼けて枯れてしまう場合があります。

次の