遊戯王 最新 スター ライト。 遊戯王OCG【トリックスター】デッキレシピ・カード一覧・回し方・対策方法

遊戯王カードWiki

遊戯王 最新 スター ライト

《撹乱作戦》 通常罠 相手は手札をデッキに加えてシャッフルした後、 元の手札の数だけデッキからカードをドローする。 ブルーエンジェルので頻繁に登場しており、1目にしてをし、あちらのでに繋げるが定番となっている。 3の効果で自分フィールドに一体のトークンを生成。 この手札5枚に対して全交換を行わせるのが《手札抹殺》。 2 は、ののを制限した上でにそののまたはことを強制する。 1の効果は、発動時の効果処理として【トリックスター】モンスターをデッキから手札に加えるもの。 確実性ではや類似のに劣るが、 1 ので最低限の仕事はした上で使うことができ、維持できれば毎できるため、を稼ぎやすい点が強み。

次の

遊戯王あんてな

遊戯王 最新 スター ライト

スポンサーリンク 「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」 「捕食植物」モンスター+ 元々のレベルが8以上の闇属性モンスターで融合召喚出来る融合モンスターです。 《トリックスター・キャンディナ》をバウンスし、《トリックスター ・マンジュシカ》を特殊召喚。 《手札抹殺》の効果発動に《連続魔法》を適用。 破壊された時に発動するモンスターと相性が良いので、このカードを使うのであれば、その様なモンスターと合わせて使いたいです。 高打点でのビートダウンを狙う場合は《トリックスター・キャロベイン》をサーチ。 破壊された後もレベル8以上の闇属性を後続として出せるのも強力な融合モンスターであります。 下記の展開を作ることで、《トリックスター・リリーベル》で直接攻撃後に即時にバウンスし、攻撃力の低さを狙い撃ちされることなく安全性が高くデッキを回せます。

次の

遊戯王 デッキ紹介 ビートダウントリックスター

遊戯王 最新 スター ライト

2 :EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。 《便乗》の効果発動のトリガーに《トリックスター・ブルム》の効果を使用可能。 なおかつ自分ターンでの罠カード、速攻魔法発動に警戒が必要です。 1 :このカードの発動時の効果処理として、 お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。 エクストラデッキに《トリックスター・ブルム》を2体採用した場合、《トリックスター・ヒヨス》1枚から2体の《トリックスター・ブルム》を展開できるのも面白いポイント。 「トリックスタートークン」(天使族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。 墓地に送られた《トリックスター・ヒヨス》を特殊召喚。

次の

対象を取らない破壊効果を持つカード一覧!数ある中からおすすめを厳選!【遊戯王】

遊戯王 最新 スター ライト

《暗黒界の取引》《ドン・サウザンドの契約》《無の憐獄》で引き込みましょう。 永続罠 相手がドローフェイズ以外でカードをドローした時に発動する事ができる。 エンドフェイズに発動を強制、もしくは墓地に送るもの。 墓地に送られた場合にフィールドのモンスターを全て破壊しその後、自分墓地の闇属性モンスターを1体を特殊召喚することが出来ます。 と共に使えば、一回の量が500となり無視できない数値になる。 《トリックスター・ブルム》の効果発動、相手は1枚ドロー• 《魔法石の採掘》が手札にある場合、《おろかな副葬》で《手札抹殺》もしくは《連続魔法》を墓地に置き、回収することで必要な二枚のうち一枚をサーチ可能。

次の

[B!] スターライト速報

遊戯王 最新 スター ライト

《テラ・フォーミング》《盆回し》から《トリックスター・ライトステージ》をサーチ。 は200と低く、ゆえ重ね張りもできないが、の制限はなく、はを備えたものが多いため機会には困らない。 最新情報を発信する遊戯王の専門ブログであることが登録基準です。 特殊召喚された《トリックスター・ヒヨス》をリンク素材に2体目の《トリックスター・ブルム》をリンク召喚。 【トリックスター】であればモンスター・魔法・罠のいずれもサーチできるため、対象は発動タイミングとデッキ構築の方針によって使い分けることができます。 初手に《簡易融合》をドローして発動 2. 《トリックスター・リリーベル》で相手に直接攻撃• 合計で3600ダメージ。

次の

遊戯王カードWiki

遊戯王 最新 スター ライト

RSSから最新情報を閲覧するまとめサイトとしての機能を提供します。 効果を複数回使うためには属性の異なるモンスターを除外する必要がありますが、属性のばらけているテーマデッキであれば、複数回使うことも十分に可能です。 「トリックスタートークン」1体を特殊召喚する。 条件こそ限定的ではありますが、モンスターだけでなく魔法・罠カードの破壊も選べるため相手の盤面に合わせた除去が出来る点は優秀です。 3 :このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、 モンスターを通常召喚できない。 デッキ構築のタイプにもよりますが、【トリックスター】は必須とされるカードが少ないこともポイント。 さらにとしてのを全てさせれば、されたの内容が筒抜けになるためより確実に処理する事が可能になる。

次の