あれ から 美空 ひばり。 【美空ひばり】がAIでよみがえる!新曲「あれから」を熱唱!

美空ひばり(AI 歌唱)30 年ぶりの新曲「あれ から」本日発売ホームページでは 24 日クリスマスイブに著名人が出演したティザー映像公開予告カウントダウン開始!

あれ から 美空 ひばり

それまでは想像を膨らませながら、ご期待ください。 CGデザイナー 映像開発チーム 3DCGチーフクリエイター「山本展敬」 SEGAのCGチームです。 ]) 最初の1行(夕日…一日)は、少し弱いが表現としては、充分と思います。 このAIの仕組みでは、「音程」「タイミング」「ヴィブラート」「音色」の4つのパラメーターで決めていくそうです。 しかも姿と歌声を再現するだけでなく、わざわざ新曲「あれから」を制作したところに端的に未来志向が表れていた。

次の

特論36.「よみがえるAIでの美空ひばり」(NHK放送)2019.9.29新曲「あれから」における歌唱について|breathvoicetraining|note

あれ から 美空 ひばり

とにかくフレーズが8~16小節でも、一本にまとめ上げてから、さらに分散しておいていけるのがひばりです。 「ひばりの音楽になっている」という開発者に対しては、「まだ、ひばりの歌にはなっていない」と思うのです。 今回はプロデューサー秋元康が候補となった200曲以上の中から新曲「あれから」を選んだという。 あの放送からあれからの歌詞やメロディーが気に入ってYoutubeで繰り返し見ています。 そして、やはり美空ひばりの歌声のすごさをマジマジと感じた一曲だった。 しかしながら今のところハイレゾ配信やCDの発売予定はないようです。 4K高画質で上映されるこの映像では AIにより再現された歌声と、3D・超高精細映像によりよみがえる美空ひばりを体感することができる。

次の

美空ひばり(AI 歌唱)30 年ぶりの新曲「あれ から」本日発売ホームページでは 24 日クリスマスイブに著名人が出演したティザー映像公開予告カウントダウン開始!

あれ から 美空 ひばり

紅白歌合戦のものと同じとは限りません。 ヤマハがAIの技術を活用して故・美空ひばりさんの歌声を再現し、新曲を披露した。 呼吸で声を動かすのなら、ありえない、いや、最近の歌手はそうなのですが、ひばりは、そうはしないでしょう。 まだ生きている』って思ってきた。 亡くなったアーティストの歌声を人工知能(AI)によって蘇らせ、新曲としてCDがリリースされるのは世界初の試みになります。

次の

『紅白』が新しく生まれ変わる日は近い? MISIA、AI美空ひばり、2020……“未来志向”の演出面から考える

あれ から 美空 ひばり

この番組の、プロ歌手の声の入り方一つでシーンとさせ、歌一つで盛り上げてしまうところは、よく、卓球選手が、相手のコーナーのビンを一発で倒したり、サッカー選手や野球のピッチャーが、ボールで20個くらいの的を時間内で全て抜いたりと、一流の選手が数秒で何かを完璧にやるのを見て、人があっけにとられるさまと同じです。 放送メディアとして、NHKはドローン活用やシームレスMRなど特に視覚効果の面で、 Perfumeと紅白という場を使ってここ数年さまざまな実験を行ってきた。 いったい誰が出演しているかは、 24 日のカウントダウン終了時に明らかになる。 こうした番組の一発勝負で、本当のというか、別面からのプロたるものの凄さ、潜在力、応用力を知るのは、よいことと思うのですが…。 関連記事• AI技術を用いて歌手の故・美空ひばりさんの歌声を再現する企画から生まれた新曲「あれから」のCD化が決定。 出演する著名人は、美空ひばりにゆかりのある大物芸能人や、美空ひばりをリスペクトする歌手、「あれから」を「これから」の日本人に届ける若手俳優等、様々なジャンル・世代が予定されている。

次の

“AI美空ひばり”の新曲「あれから」がCD化 12月発売

あれ から 美空 ひばり

佐藤が新進気鋭の若手プレイヤーたちと作り上げたイマジネーションに富んだ一枚となっている。 人はなぜ音楽を聴くのか、そして音楽を聴いて心が動き感動するのか考えるきっかけになりそうです。 やはり、「いく」というところは、ひばりなら消し込むと思うのです。 しかし、テクノロジーを使って故人である音楽家のイメージや演奏表現を再現することには、賛否両論がある。 このカウントダウンが終了する24日早朝4時に「あれから」のティザー映像が公開されることが予告されている。 作詞はひばり生前最後のシングル『』を手掛けたによる。

次の

“AI美空ひばり”の新曲「あれから」がCD化 12月発売

あれ から 美空 ひばり

12月18日にリリースされた新曲「あれから」は、平成元年1月に発売された美空ひばりの生前最後のシングル「川の流れのように」以来30年ぶりの新曲です。 4K・3Dホログラム映像で等身大のAI美空ひばりが出現して新曲「あれから」を歌うという。 元NHKアナウンサーのは、毎日新聞のインタビューで「僕はああいうの、反対だな」「声色はだいぶ近づけることができたようだけど、映像の出来栄えは『あの程度』でしょ」と批判している。 1音事に音色を変え鳥肌が立つような歌を歌っていました。 ひばりのものまねを優秀な声の使い手やプロが行うと、よくそういうアンバランスが生じます。 その点、『紅白』の総合エンタメ化は、バックグラウンドの異なる多様な音楽を集めてなおかつ世代を超えた視聴者を惹きつけるための必然的な選択だった。

次の

美空ひばり(AI歌唱) / あれから(ミュージックビデオ)

あれ から 美空 ひばり

ひばりさんの声には、モンゴルのホーミーと同じように「高次倍音」といって、同時に異なる音域の音を出すテクニックがある。 つまり、中心点に向かいドラマ仕立てにピークを盛り上げ、その後に余韻を残すといった構成、展開がないのです。 「」(作曲・編曲)• 頑張りましたね。 関連リンク• 今回の紅白出場は、現時点で到達した最高レベルの技術を使ったステージを試す場でもあるのだ。 秋元康さんは、音楽プロデューサーの他にも、作詞家、映画監督、放送作家としてのマルチな才能を持ち、日本のエンターテイメント業界で幅広く活躍しています。 AIによって歌声を蘇らせた世界初の試みとして話題になっている30年ぶりの美空ひばりの新曲「あれから」がついに本日18日発売日を迎えた。 そんな総合エンタメ化の流れのなかでも特に目立つのは、2013年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』、2014年の映画『アナと雪の女王』、2016年の映画『シン・ゴジラ』など、その年に話題になったコンテンツをフィーチャーした構成である。

次の

“AI美空ひばり”の新曲「あれから」がCD化 12月発売

あれ から 美空 ひばり

ヴォーカロイドにAI技術が追加され音楽の新しい可能性そしてそのデモンストレーションとしての美空ひばりの新曲というのが今回の「あれから」のイメージです。 音楽業界の未来は明るいと思うし、色々叩かれてるけどNHKのこういう企画はほんと素晴らしい。 それは、結果として現れた形の法則のコピーですから、本当はもっと根本での息と音圧の研究と構成、展開が必要でしょう。 美空ひばりのAIで新曲「あれから」にたくさんの方が涙した。 そういう面では、私が述べたようなことを人間がプログラミングするのではなく、AIがディープラーニングしてブラックホールのままに歌えば、技術としてはひばりを超える日もくるのかもしれません。 「置き忘れたような」の「よな」「自分の影」は、まるで最近の歌手のように口先の処理のように聞こえます。 今回のプロジェクトでは、ヤマハの第一開発研究部が美空ひばり本人の歌や話し声の音源をデータとして使用して、ボーカルパートとセリフパートを作成した。

次の