僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない。 天と地程の差はあるが、天と地しか選べない。

#1 君の瞳に映る僕はどんな顔をしている。①

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

取ってつけたような兄弟仲を、クジャは意外と求めていた。 」 (一番大切なことは目に見えない。 ニコニコと笑う神様。 なんて伝えればいいのだろう。 そういう人生の選択をあなたもしたい? そりゃ初詣とかには行くけどそれはイベントみたいなもので、お参りだってポーズだけだと思ってる。 家事は分担ですが、やはり妻のほうが多いような気がします。 もちろん、普通の通りすがりの人は僕の薔薇を君たちと同じだと思うだろう。

次の

家事をしない彼女

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

まず、僕からちょっと離れて、草の中に座るんだ。 本当はこの中に仕舞っている物を見せるつもりでいたのだが……どうやらその機会を逃してしまったようだ。 目に見えないものと僕達は今向かい合っている。 そうしたら、戻ってきて、僕にさよならを言って。 一定の距離を保ってのサポートは難しいだろう。 そしたら、いつもはメールを送ってもなかなか返事を寄越さないのに、わずか数分後に一人から電話がかかってきて 「いい、明日の晩、空けといて。

次の

君しか見てない

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

ばっさりとした言い方から、リョーマが不機嫌になっていること。 君にとっての兄貴分は……何て言ったっけ、あの肌色と茶色の混じった肌の……」 「……ブランクのこと? 何であんたブランクのこと知ってんだよ」 「君の事なら大体知っているよ。 そして強引にキスをする。 嫌悪感、もあるけど、何よりずっと頭の中を揺さぶられるような声で話しかけられているせいで、気持ち悪さが消えないことの方が重大だ。 適応した人間は、その力を誇示しようとする。 零細ファミリアというが、それでも僕を眷属として迎えてくれると言ってくれた。

次の

君しか見てない

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

「広瀬さん、元々帰宅部だって言ったじゃない? でもそんなあなたをマネージャーに誘った……。 それを僕は権利だと思ってる。 それから約2年。 夫に離婚を言い渡されました。 共働きで私の帰りは遅い時は20時です。 やっぱり涼しいんですね」 その女はへにゃっと笑った。 っていうか、幽霊になって記憶喪失って、って、普通ならもっと混乱すると思うんだけど。

次の

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

「また今度食べちゃいますっ」って。 そして祖父に教わってピアノやヴァイオリンを弾いて、音に満ちた世界で僕はなんとか生きている。 こんな小さな理由で別れを切り出すのはおかしいでしょうか? 自分の心が狭すぎますか? 彼女との結婚は考えていません。 「管理人さん、見てみて、ビールマンポジション!」 片足を上げて、頭上で足を掴んで、ポーズ。 夫は子供と関わるのが積極的でなく(マイペースでやりたいタイプ) 家事育児も手伝っているという意識で、保育園の送り迎えとごみ捨て 以外はほとんど私がしています。

次の

嫁と僕、どっちが悪いですか?

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

やらなければならないことが残っいると、お互い落ち着いて晩酌も出来ません。 きっと自分も仕事をしていたら少なからず「対等」という意識が高まり 言葉... すぐつまるから取ってくれといっても「やってるじゃん」と逆ギレ。 また、このような「前戯無し」のセックスをされると、女性は「愛情のない、男の欲望を充たすだけの手抜きセックスだ!」と非難しがちですが、失礼ながら、これも「愛情があれば、念入りな愛撫や前戯をしてくれるはず」という女性特有の勘違い、誤解と言わざるを得ません。 雪のように降り積もり、地面を染めていく。 僕は横目に君を見て、君は何も言わない。

次の

竃の女神にロバがいるのは間違っていない

僕 の 目 に は 君 しか 見え ない 僕 の 耳 に は 君 しか 聞こえ ない

音しか、僕の世界にはない。 あの尻尾を振り回されても軽く吹っ飛ばされそうだ。 僕の母は、父のどんな文句にも耐えて毎日料理を作っていました。 なので家事はやはり手伝ってもらってました。 確かに太りましたけど、そっちもねって思うし、もともと痩せてないんですけどって思います。

次の