メルセデス ベンツ c class ワゴン。 メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 ため息が出る

Cクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

メルセデス ベンツ c class ワゴン

回生ブレーキで発電した電気は容量1kWhのリチウムイオン電池に蓄えられ、ターボの効力が発生しない低回転時にアシストを行う仕組みだ。 また、もう1つ大きな安心材料として、「Mercedes me connect(メルセデス・ミー・コネクト)」があります。 インテリアは、ダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感がありつつ、スポーティなデザインコンセプトを継承しながら、ダッシュボード中央にはナビゲーションやエンターテインメントシステムの表示画面となる、高精細10. 8Lエンジンをベース。 ステアリングアシスト機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、高速道路をはじめ市街地や郊外でもステアリングに手をそえているだけで走行中の車線内を、一定の車間距離を維持しながら前走車を追従します。 6kgmを発生する。 15モード) - - - 燃費 (JC08モード) - - 18. article. エリアから探す - Cクラスステーションワゴン メルセデス・ベンツ の中古車 詳細条件• 登場前に販売されていた「190シリーズ(W201型)」の後継車としてW202型が登場し、当初は4ドアセダンのみでしたが1996年にステーションワゴンを追加ラインナップ。 エクステリアは、フロントおよびリアバンパーを刷新し、よりダイナミックなデザインとなった。

次の

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン

メルセデス ベンツ c class ワゴン

5L 直列4気筒ターボエンジンと「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」、「48V(ボルト)電気システム」搭載の「C200 ステーションワゴン アバンギャルド」、「C200 4マチック ステーションワゴン アバンギャルド」、2L 直列4気筒BlueTECエンジン搭載の「C220d ステーションワゴン アバンギャルド」を設定。 1万円 13. 6L V6、3. インテリアでは、最大積載容量が1,490Lと、先代を25L上回り、リアシートの分割比率が40:20:40に変更され、乗車人数と長尺物から小物まで積載物の形・大きさに合わせた柔軟な室内アレンジが可能となった。 1 m 5. 「SRSニーバッグ」や「アダプティブブレーキライト」、「インテリジェントライトシステム」など安全装備の充実(全モデル)。 1 m 5. オーディオシステムには、Bluetoothオーディオ機能、USBメモリーやSDカード、iPodからの音楽データ再生などができる機能を採用。 歴代ミニキャブバンが常にトップコンセプトとしてきたのは「軽バンの枠を越える広いカーゴスペース」であり、この血統は現在にまで受け継がれている。 4万円 8. 今回、「C180 ステーションワゴン」、「C180 ステーションワゴン アバンギャルド」の一部改良を行った。

次の

【メルセデス新型Cクラス】2020年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、AMG、オールテレイン、サイズ、燃費、価格や発売日は?

メルセデス ベンツ c class ワゴン

チップアップシート• C180• 6L V6、新設定の「C55 AMG」には367馬力の5. 2 m 5. スマートキー• 2m 5. エンジンは、ガソリンが直列4気筒と6気筒、V型6気筒と8気筒、ディーゼルは直列4気筒と5気筒。 C220d アバンギャルド ディーゼルターボ• 8L 直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載した「C180 ステーションワゴン」、上級モデルに採用されるアバンギャルド仕様の「C180 ステーションワゴン アバンギャルド」 、「C200 ステーションワゴン アバンギャルド」 、「C250 ステーションワゴン アバンギャルド」、3. 同一性を保ちながらバリエーションを増やすという王者の戦略だ。 1 m 5. モーターは前面に姿を現さず、あくまで裏方として働いている。 大きなモーターにより余裕をもってエンジン始動ができることが、ハイブリッドのありがたみである。 最高出力は2. 衝突被害軽減システム• C180• 8〜 89万円 575. また、ウインカーを点滅させると行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」や、超音波センサーが最適な駐車スペースを検出し、操舵やブレーキ、シフト操作を自動で行い縦列および並列駐車する「アクティブパーキングアシスト」など、一部の機能は自動運転に向けて大きく進化しました。 盗難防止装置としてイモビライザー内蔵のメモリー付エレクトロニックキーを設定する。

次の

The new C

メルセデス ベンツ c class ワゴン

また夜間走行時の視認性を高めるバイキセノンヘッドライトとコーナリングライト、スポーティなデザインのアルミホイールを標準装備するなど、一層の充実を図った。 CDナビ• 組み込まれるホイールもブレーキ冷却性能などを十分に考慮したAMG製の17インチアルミホイールとワイドタイヤ、AMGスタイリングパッケージを装着。 ラインアップは1. Mercedes-AMG C 63 STATIONWAGON:12,350,000円• (2020. 引き締められたサスペンションと強化ブレーキシステムを装備。 gq-magazine. プレミアムスポーツモデル「C55 AMG」には367馬力の5. また、ドライバーの縦列駐車をサポートする「パークトロニック(パーキングガイダンス機能付)」を全モデルにパッケージオプションとして用意。 さらに、個人的にコレがいちばん商品力を持っているメルセデス・ベンツのウリであると思っているのだけど、お得意の先進安全機能である「レーダー・セーフティー・パッケージ」だって最新のものが搭載されていることもソツない。 最小回転半径5. または車内に設置されたSOSボタンを押すことで、運転者自らがコールセンターへ連絡することも可能です。 8L 直列4気筒DOHCスーパーチェージャー(143馬力)搭載「C180コンプレッサーアバンギャルド」、同(163馬力)エンジンの「C200コンプレッサー」、それに2. 今回、新開発の1. 特別仕様車には、「C200 ステーションワゴン ローレウスエディション」、「C200 4マチック ステーションワゴン ローレウスエディション」、「C220d ステーションワゴン ローレウスエディション」を設定。

次の

Cクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)の中古車

メルセデス ベンツ c class ワゴン

テレマティクスサービス「Mercedes me connect」が全車に標準装備されており、事故を検知すると自動的にコールセンターに連絡したり、スマートフォンからカーナビの目的地を遠隔設定したりできる。 右ハンドルのみの設定。 これは1. 乗員を守ることはもとより歩行者保護の観点からも、ぶつからないようサポートするために近年メルセデスは「インテリジェントドライブ」と呼ぶ先進の運転支援機能を採用しています。 ターボチャージャー• 5L 直列4気筒直噴ターボエンジン搭載の「C180 ステーションワゴン」、「C180 ステーションワゴン アバンギャルド」を設定。 右ハンドルのみの設定。 2008年に同じプラットフォームのまま約1,100箇所の変更を施し、フロントマスクを3代目W204と共通の意匠としたものを「CLCクラス」と改名して生産・販売していたが、2011年にCクラス・クーペが登場したことで3年弱で消滅した。

次の

The new C

メルセデス ベンツ c class ワゴン

メルセデスのスタンダードモデルがCクラス。 盗難防止装置• 中古市場でのライバル車種はエブリーバン、アクティバン、ハイゼットバンなど。 25インチの「ワイドディスプレイ」を装備。 組み合わされるミッションは、Dレンジにセットしたセレクトレバーを左右に動かすだけでシフトチェンジが可能なティップシフト付き5速AT。 primary. そんな中でメルセデス・ベンツCクラスにステーションワゴンが加わった 誤解を怖れずに言えば、イメージ先行で需要を喚起してきたフシがある。

次の

Cクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

メルセデス ベンツ c class ワゴン

ベルトを介してクランクシャフトと接続され、スターターとジェネレーターの役割を担う。 2つのステレオカメラと6つのレーダーで周囲の状況を把握し、運転を支援する。 ラインアップは、1. 1 m 5. 1 m 5. 特別仕様車「スポーツエディション」は、C200コンプレッサーセダンおよびステーションワゴンをベースに、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)、17インチ6スポークアルミホイール&ワイドタイヤ、クロームエグゾーストエンドを装備した。 キャッチコピーは、前期モデルが「メルセデスの本気」、後期モデルが「メルセデスの自信」。 45m ドア数 5 ホイールベース 2. 排気量は下げられたが、新たにマイルドハイブリッドを採用している。 ラインアップは、1. 運転席エアバッグ• AMG C43では搭載するエンジンをV型6気筒3Lから、補機類の収納スペースを確保しやすい最新の直列6気筒3Lに変更することで空間効率を向上。

次の