キュンメル 男爵。 銀河英雄伝説【旧OVA版】第57話「キュンメル事件」の感想 「初の行幸先はテロリストの家だった」

フリードリヒ4世

キュンメル 男爵

物語上の本格的な登場はリップシュタット戦役の直前から。 その期待通りに着任早々に同盟の法律や法令を調査して把握し、ヤンを貶めたいレンネンカンプに対し、同盟の法に基づく的確な(そして法の穴を突くような)法的助言を与える。 ムライが説明を求めると、フェザーンを帝国が占領した今、 イゼルローンの存在意義そのものが失われたと話します。 シェーンコップはユリアンに、ヤンを暗殺したのは地球教徒だと告げる。 ヒルダの親戚でもあり、一人娘だったヒルダにとっては弟のような存在。 サンクスメールならびに商品の発送の休日は、土 営業する場合あり ・日・祝日。

次の

銀河英雄伝説 本伝・第3期 第57話 キュンメル事件

キュンメル 男爵

6日、はキュン邸を訪問。 ローエングラム王朝成立後は軍務省調査局長となり、階級も准将となる。 そして軟禁に留められた上に、エルスハイマーが反乱に加担しなかったことを保証する手紙を渡される。 藤崎版コミックでは気骨のある軍人として一貫して描写されており、特に貴族たちの争いが軍事行動に絡むことを嫌う。 OVA版ではその後にシェーンコップらの不意をついて要塞のコンピューターをロックしたため少し時間を稼ぐことに成功した。

次の

銀河英雄伝説 本伝・第3期 第57話 キュンメル事件

キュンメル 男爵

02 を追加しました。 こんなことをすればキュンメル男爵家は断絶間違いなし。 原作ではリップシュタット戦役の終盤に、強硬派の青年貴族の代表として登場し、メルカッツの軍令を無視して出撃し、(ラインハルトの罠で)成果をあげる。 ヤンとの再戦が彼の望みだったのである。 外伝におけるラインハルトの主要な敵役の一人であり、本来の標的であるアンネローゼに安易に手を出せないため、その弟を狙う策謀を企てる(「星を砕く者」「白銀の谷」「黄金の翼」)。 しかし、ユリアンの策によって足止めされ、最重要であったコンピューターの情報確保にも失敗し、歯ぎしりを立てる。 この支部では教徒たちが徹底抗戦の構え。

次の

フリードリヒ4世

キュンメル 男爵

そんな彼の心身を気遣うカリン。 これによってリップシュタット戦役が起こるとラインハルトに戦争を任せ、終結後にはラインハルトを排除しての権力の独占を企図していた。 OVA版 肥満気味の青年で、近世ドイツ的な帝国の風俗に対して、古代ギリシア風の装いをしている。 「ヤンとの直接対決は避け、エル・ファシルを孤立させて自然瓦解を図る」というヒルダの献策をラインハルトは受け容れなかった。 そのため、皇帝並にラインハルトから嫌悪されており、彼がミューゼルの名をあっさり捨て、皇帝から下賜されたローエングラム家の名を継いだのも、憎い男の家名をさっさと捨てたかったというほどであった。

次の

銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国

キュンメル 男爵

ただ、ブラウンシュヴァイクと同類の人物であり、下級貴族や平民の台頭を非常に嫌い、後述するように最後は彼と手を組んでいる。 泣きついた直後に通信は途絶したため、その後の描写はないものの戦死したと思われる。 一方でそれは同盟政府が自らの法を遵守する余裕がなくなったことを示していた。 同盟軍の遺棄した物資を着服した兵に対し、ロイエンタールは 即刻処刑を宣告。 しかし、その場で礼として名画を贈ろうとし、一度無視されても重ねて贈ろうとしたために逆鱗に触れ、その場で贈賄の現行犯として逮捕される。

次の

「銀河英雄伝説/本編・第46

キュンメル 男爵

ラッツェル Lattzer 声 - 旧 レンネンカンプの部下。 その際、ラインハルトから補給の重要性や敵が狙ってくる危険性を再三注意されるが、失敗したら自らの命をもって全軍の綱紀粛正の材料として欲しいと高言を吐く。 曰く、「ロイエンタール元帥に不穏の気配あり」と。 ザイドリッツの頃はローエングラム王朝となっており、移動する大本営を運用する最高責任者という重職であることから、艦長職としては異例の将官の地位にある。 こうして、自由惑星同盟の最後の戦いが終わった。 08 を追加しました。 そのラインハルトが車で移動する姿を目撃するのは、、、 ユリアン。

次の

銀河英雄伝説 本伝・第3期 第57話 キュンメル事件

キュンメル 男爵

ようやく援護にきたレンネンカンプ艦隊も遅かった。 複数の分野で成功を収めた人間を尊敬する傾向にあり、レオナルド・ダ・ヴィンチや曹操などを特に尊敬している。 最終的にヤン率いる増援の到着を受けて、潔く撤退を決める。 2017. イゼルローンに帰還したユリアンは、フレデリカにヤンの死を告げる。 物語終盤ではオーベルシュタインさえも排除し、帝国宰相の地位を狙っている野望も吐露するようになる。

次の