エクセル 繰り返し ショートカット。 操作を元に戻す、やり直す、繰り返す

エクセルでセルの結合や解除をショートカットキーでおこなう方法

エクセル 繰り返し ショートカット

図を用意するのめんどくさいんです。 同じフォームで作ってあるファイルではF4の繰り返し作業はできます。 「Ctrl + Y」 という2つのショートカットには、「直前の操作を繰り返し行う」という機能があります。 さらに、マウスでセル右下の四角をドラッグすれば、全部にコピーされることを知っているかもしれない。 ただし、[F4]キーはあくまでも 「直前の操作を繰り返す」ため、ほかの操作を入れてしまうとそれが繰り返されてしまいますのでご注意下さい。 藤田様 ご返信ありがとうございます。 ぜひ覚えて日々の仕事に役立ててください。

次の

知らないと損!SUM関数を一瞬で挿入するショートカット

エクセル 繰り返し ショートカット

複雑な罫線の組み合わせでも繰り返しOKです。 これはある意味真実かもしれません。 2,030円• 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 ショートカットに関するページ!• ショートカットキーの使い方)Windowsの場合 ショートカットキーの使い方にはボタンやキーを覚えるなど少しコツが必要ですが、慣れてしまえばとても便利な機能となります。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。

次の

ショートカット一覧/エクセルの繰り返し作業を楽にするコマンド

エクセル 繰り返し ショートカット

[Ctrl]+[Shift]+[;] が挿入だ。 この時、右側の一覧に「セルの結合」が追加されていることを確認してください。 必ずあなたの作業時間が短縮されます。 実は[F4]キーには、 「直前の操作を行う」という役目が割り当てられており、これを使うことで淡々と塗り続けられます。 shiftを押しながら十字キーを使い、結合させるセルを選ぶ• ちなみに「 Ctrl+ Y」でも同じことができますが、 F4でやったほうが速いです。 ショートカットを設定する• また、 すべての操作が繰り返しできるとは限りません。 [繰り返し]ボタンと[やり直し]ボタンは、操作によって切り替わります。

次の

エクセル(Excel)の便利なショートカットキーまとめ

エクセル 繰り返し ショートカット

[Shift]+[;]は「+」を入力することになる。 ここで使うと便利!という場面をピックアップしてご紹介。 [ 編集] メニューの [ 変更] をクリックします。 結果の返信、お待ちしていますね。 業務記録などを付けていく際には、これを使えば簡単に日付や時刻を入力できる。 エクセルのショートカットで繰り返し作業をやるF4がありますが、便利でいつも使っております。

次の

Excel 2013|マクロ機能で繰り返し作業をラクラクこなそう

エクセル 繰り返し ショートカット

F8 拡張選択モードを切り替えます。 図では、「範囲の上下を 実線、その間を 破線で引く」という操作を繰り返してみました。 「リボン」と呼ばれるUIが用意され、これまでと操作感がガラリと変わったOffice 2007。 それぞれ行や列を選択して行えば、行列の挿入・削除も行える。 あまりに、マニアックすぎるので細かい解説もしません。

次の

同じ操作を一瞬で繰り返す!エクセルショートカット~繰り返し~

エクセル 繰り返し ショートカット

これが、ショートカットキーとして使用する「キー」となります。 (2行選択した場合は2行追加・削除される) 行・列の全体を選択していない場合は、セルの挿入・削除ができます。 人のPCで作業出来なくなるのがネックです。 実行中のすべての Office プログラムを閉じます。 つまり、 『半角で入力した数字は、繰り返しには使えない』ということ。

次の

エクセルで繰り返す操作はショートカットキーを使うべき!

エクセル 繰り返し ショートカット

F4という、ちょっと押しにくい位置にいるショートカットですが、 威力は絶大なので是非活用してください。 Excelの場合は、[Excelのオプション]からクイックアクセスツールバーに追加登録して使用します。 それは、「 相対参照と絶対参照を切り替える」です。 参考Microsoftのページをリンクしておきます。 というか僕の場合、「全体を表示する」よりむしろ「たたむ」の方をやりたいことが多いので、そっちで活用しているけど、たたんだ後に同じキーを押すとまた全体表示(展開)に戻るのでいずれにせよ便利。

次の