ご 査収 意味。 ご査収くださいの意味と使い方!返事の書き方?査収と確認の違い?

「ご査収願います」の意味と使い方・例文・返信方法・上司への使い方

ご 査収 意味

査収の「査」には調べるという意味があります。 つまり「査収」の「査」が不要であるために「ご査収」を使うことが適切でないケースになります。 ご査収の程よろしくお願いします。 その場合は、文面で確認してほしいところを具体的に伝える、書類の場合は付箋などを貼って「付箋を貼った箇所についてご確認いただきますようお願いいたします」などの一文を添えることで具体的に伝える、といった方法があります。 。 ・書類の確認をさせていただきましたが、修正をお願いいたします。 相手に対して確認して受け取るべきものをそえていなければ意味が通じないため、物品を郵送する際の手紙や添付ファイルのあるメールなどに使うのが一般的です。

次の

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご 査収 意味

既にお伝えしましたが、「よろしくご査収ください」という表現を用いる場合は確認してもらうための物を添付しておく必要があります。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」目上には? さて、先ほどご紹介しました「ご査収ください」「ご査収願います」「ご査収のほどよろしくお願い致します」などの言い方ですが、目上の人に使う場合、どれを使ってもよいのでしょうか。 「目を通してください」としても意味は伝わりますが、丁寧な表現ではないため、相手によっては無礼な印象を持たれてしまう可能性があります。 それでは「ご査収のほどよろしくお願い致します」の使い方を見ていきましょう ビジネスシーンではどう使う? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」は、通常ビジネスシーンや公文書を扱う時にしか使われません。 その代わりに『添付書類のご確認、よろしくお願い致します』、『念のため、添付させていただきます』と、より具体的な文言を利用するとそうです。 その後日本に伝えられ、広く使われるようになりました」は東北大学国語学研究室の大木先生。

次の

「ご査収ください」の意味と使い方を教えてください。

ご 査収 意味

ご査収くださいますようお願い申しあげます。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 目上の人や取引先とのやりとりで、これらの言葉を使う機会は度々出てきます。 「ご査収」の誤った使い方のシーン たとえば、契約書の控えなど既に相手も確認しているものについては「ご確認のほどお願い申し上げます」「ご確認の上、お納めください」などを使います。 ご査収ください」 上記の一文のように、「ご査収」という言葉は使っていくのですが、気をつけて欲しいポイントとして、具体的に明確に「ご査収」を使うという事です。 「査収」は金品や書類などを受け取る場合、「検収」は納入品やシステムを受け取る場合に使い、物によって使い分けされています。

次の

『ご査収』の意味とは

ご 査収 意味

お受け取りください 「受け取る」は、「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 会議で使用する資料をメールにを添付しましたので、ご査収のほどよろしくお願いします。 別な表現がいいでしょう。 ・ご査収のうえ、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 もちろん、同封・添付するものがない場合も「ご査収」は使いません。 内容につき拝見しましたが、少し気になる点がございました。 「一読」は「一度読むこと。

次の

「ご査収」の意味や使い方とは?誤用しないためのポイント

ご 査収 意味

「ご査収」のその他の類語 ご検収 「ご検収」は <ごけんしゅう>と読みます。 「Please kindly refer to the attachment s. 「ご査収のほどよろしくお願い致します」を使おう! 「ご査収のほどよろしくお願い致します」とひとことで言っても、その言い方はさまざまです。 では、 「ご査収ください」という文面にはどう返事をすればよいのでしょうか。 」で十分ですので、こういった間違いは意外と多いですので、しっかりと気をつけておきましょう。 査収の読み方は「さしゅう」です。 中身を確認したことが分かるようにする 「ご査収ください」とされたメールには、添付された資料を確認したことが分かるような返信をするのがポイントです。

次の

『ご査収』の意味とは

ご 査収 意味

特に問題ございませんでした。 添付ファイルなどが何もついてない、ただの連絡事項を書いたメールに「ご査収ください」とつけても、相手はこれ以上何を「査収」したらいいのか困ってしまいます。 私が普段ビジネスシーンで感じるのは「ご査収下さい」という文言を受け取ると 「よくチェックしてからきちんと返答ください」と一方的に投げられている気がしてややプレッシャーを感じます 笑 似た意味合いの「ご確認ください」と言われるほうが 「いかがでしょうか?なにかあればお知らせください」とやや控えめな態度で相手の状況を伺っているように受け取れるため、どちらかというと好印象に感じます。 つまり証明してほしいのではなく、あくまでも確認して受け取ってほしいという前提である以上、確認を依頼する場合は「ご査収」の方が正しい表現だと言えるでしょう。 「査収」は「良く調べてから受け取る」という意味で、そこに丁寧語の「ご」を付けて「ご査収」という敬語になっています。 ご一読くださいの意味と使い方 「ご一読ください」この言葉は、 配布した書類などに対して、「目を通しておいてください」という意味になります。

次の

「ご査収ください」の意味と使い方を教えてください。

ご 査収 意味

「ご査収」を使う上での注意点 「ご査収」は資料や請求書など調べるものがある場合にのみ使う 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。 丁寧な表現では「ご笑納ください」 より丁寧な表現を使用するのであれば、「ご笑納ください」という言い方もあります。 メールで「ご査収願います」という言い回しを使うシチュエーションとしては、メールに資料などのデータを添付して、相手に確認してもらいたい場合などが考えられます。 メールのみ、手紙のみの場合は使用しません。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。 ・お問い合わせに関する資料を本メールにて送付させていただきます。 つまり、• 「ご査収」は「じっくり確かめてからそれに同意して受け取る」と、複数の意味合いが含まれている点に注意しましょう。

次の